MISAWAオーナーズクラブ
HOME お近くのMISAWA 各種ご相談・カタログ請求
ログアウト
>ミサワトップへ >会員情報の変更
インテリア ガーデニング メンテナンス リフォーム 不動産サポート ライフサポートサービス オーナーズサークル
ガーデニング ガーデニング
庭づくり
庭づくり
ガーデニング・エクステリア相談
ガーデニングのインデックスへ
 
{キャッチ:ガーデニング}
夜間の保温対策

室内に移した観葉植物は、陽に当てるために窓辺に置くのが最適です。しかし保湿の面から考えると、窓辺は外気の影響を受けやすい場所でもあり、注意が必要です。そこで温度の下がる夜間は厚手のカーテンを引いたり、観葉植物を部屋の中央に移動させるなど、こまめな保温への配慮が必要です。高いところにいくほど室温は上がりますので、床に直置きしている観葉植物は、就寝前にテーブルや棚など少し高い位置に移動させるといいでしょう。また鉢ごと一回り大きな鉢に入れ、隙間に発泡スチロールを詰める方法も効果的です。

窓際では昼間との温度差が激しく、夜間に観葉植物が安眠できないこともありますので、小さな植物の場合は紙袋やレジ袋、段ボールをかぶせて保温してあげるといいでしょう

休眠状態にして春を待つ

温度が保てないときは、水やりを控えることで観葉植物を休眠状態とし、厳しい寒さを乗り越えさせる方法もあります。この方法なら、0度近くの寒さの中でも耐えられる種類もあります。春になったら水をあげて目覚めさせてあげましょう。なお育てている植物が、この方法に適した種類かどうかを確かめてから行ってください。

{写真:ガーデニング}
大きな観葉植物になると、持ち上げたり移動するのは大変です。木の板でもいいのですが、発泡スチロールなども保温には効果的です
{写真:ガーデニング}
観葉植物が生長するためには最低でも10度以上の環境が必要です。これからどんどん冷え込んできますので、室内温度には注意してください
ページの先頭へ
Copyright © MISAWA HOMES CO., LTD. All Rights Reserved.
当サイトに関するお問い合わせ 個人情報の取り扱いについて