MISAWAオーナーズクラブ
HOME お近くのMISAWA 各種ご相談・カタログ請求
ログアウト
>ミサワトップへ >会員情報の変更
インテリア ガーデニング メンテナンス リフォーム 不動産サポート ライフサポートサービス オーナーズサークル
ガーデニング ガーデニング
庭づくり
庭づくり
ガーデニング・エクステリア相談
ガーデニングのインデックスへ
 
{キャッチ:ガーデニング}
夏場の水やりは、朝9時前か午後5時以降

夏場(7〜9月)の水やりの目安は、1平方メートルあたり約10リットル(水道の蛇口を全開にして1分間程の放水)が適量です。朝の水やりは午前9時までに、夕方は午後5時以降に行います。日中は温度が高すぎて、まいた水がお湯になり植物を傷めてしまいますので避けるようにしましょう。

晴れた日の散水は、葉についた水滴がレンズの機能をはたし、葉焼けを引き起こす要因になりますので行わないようにします。


留守中の水遣り

数日間家を留守にする場合は、洗面器に水を張って鉢を入れます。これを「腰水」といい、鉢底が数cm水に浸かった状態にしておくのです。水温が上がらないよう風通しのよい半日陰の場所に置きます。

また手軽な水やりグッズもあります。ペットボトルに水を入れ、写真のノズルを付けて鉢土に挿しておくだけです。これで数日〜2週間は水もちします。価格も○○円程度と手ごろです。 さまざまな種類がありますが、物によっては目詰まりしたり、水が出すぎるものもあるので注意してください。なお家を空ける前に実際に数日間試してみて、水の減り方や使い勝手をチェックしておきましょう。

 
{写真:ガーデニング}
葉に付いた水滴がレンズの役目を果たし葉を痛めてしまうので、日中の水やりは避けましょう。
{写真:ガーデニング}
飲み終わったペットボトルの口に付ける「水やりノズル」。100円ショップなどでも購入できます。使い方は水を入れて土に挿しておくだけ。
ページの先頭へ
Copyright (c) MISAWA HOMES Co.,Ltd. All Rights Reserved.
当サイトに関するお問い合わせ 個人情報の取り扱いについて