MISAWAオーナーズクラブ
HOME お近くのMISAWA 各種ご相談・カタログ請求
ログアウト
>ミサワトップへ >会員情報の変更
ライフスタイル ガーデニング メンテナンス リフォーム 不動産サポート ライフサポートサービス オーナーズサークル
ご入居1年目の方へ
ご入居時の注意事項
新しい住まいでの心がけ
お手入れカレンダー
MISAWAお手入れグッズ
ご入居時の注意事項
上手な引っ越しのポイントは、まず大きな荷物や家具は1つ1つ「搬入のしかた」と「配置する場所」を事前に確認すること。そして、すべての荷物に「搬入する部屋の名前」を表書きしておくことです。
※興味のある項目をクリックして下さい。詳しい説明が表示されます。
大きな荷物や家具の搬入と配置について かんたんな器具の取り付け方
フローリングの床は搬入前にワックスがけを済ませる。
大切な新居を傷めないように必ず保護カバーをしてから搬入。
玄関から入らない大きな荷物や家具は、窓から搬入。
重量家具やピアノは分散して配置。
荷重限度以上の物を置くときは、受け板などで床を補強。
家具は壁から少し離して設置。
ドアや窓、エアコンとの位置関係をよく考えて家具を置く。
壁に釘やフックネジを打つときは、必ず壁の芯材部分に。
フックは、石膏ボード専用タイプを使用してください。(壁掛けフックセットなど)
壁にポスターを飾るときは、ピンを使う。
カーテンレールの取り付け方
ブラインド、ロールスクリーンを枠の内側に取り付けるとき。
大きな荷物や家具の搬入と配置について
フローリングの床は搬入前にワックスがけを済ませる。
一度家具を配置すると、家具を置いた部分の床はお手入れがしにくくなります。
大切な新居を傷めないように必ず保護カバーをしてから搬入。
玄関の上がりがまち、床、階段、壁のコーナーなどを重点的に、段ボールや古毛布などでカバー(養生)します。搬入後、仮止めテープなどをはがすときは、下地まではがさないよう気をつけてください。壁クロス部分は、特に粘着力の弱いテープをお使いください。
玄関から入らない大きな荷物や家具は、窓から搬入。
網戸や窓のサッシを外し、窓枠を毛布などで保護します。取り外したサッシは破損しないよう、段ボールや毛布などをかませておきましょう。また荷物を引き上げるときは、手すりに重い荷重をかけないでください。変形やキズのつく恐れがあります。
重量家具やピアノは分散して配置。
床の荷重限度は1m2あたり180Kgです。重い家具類はできるだけ離して置きましょう。
荷重限度以上の物を置くときは、受け板などで床を補強。
補強しておかないと、床がしなったり、戸の立て付けが悪くなるなど、長い間に構造の一部に悪影響を及ぼすことがあります。入居してから新たに重量物を設置するときは、ミサワホームにご相談ください。
家具は壁から少し離して設置。
家具と外部に面した壁との間に5〜10cmのすき間をあけ、空気が通るようにします。ピッタリつけると、冬は結露が生じやすくなり、カビが発生しやすくなります。
ドアや窓、エアコンとの位置関係をよく考えて家具を置く。
ドアや窓の開閉や、エアコンの吹き出し気流のじゃまにならないように置きましょう。
ページの先頭へ
かんたんな器具の取り付け方
壁に釘やフックネジを打つときは、必ず壁の芯材部分に。
壁を金づちなどの杖で軽く叩いてみて、重い音のする部分に芯材が通っています。市販のプッシュピンを使えば、芯材部分はピンの刺さる手応えがあるので、すぐわかります。
壁の中には電気配線も通っています。コンセントやスイッチの上下、電話線や照明器具のまわりは、釘などを打たないでください。
フックは、石膏ボード専用タイプを使用してください。(壁掛けフックセットなど)
フックの形状により吊り下げられる荷重が変わります。用途に応じて使い分けてください。
壁にポスターを飾るときは、ピンを使う。
セロハンテープや接着剤を使うと、はがした跡が汚く見苦しくなります。
カーテンレールの取り付け方
1. カーテンレールは、壁面からレールの 中心まで30mm以上あるタイプを選ぶ。
窓枠のケーシングは、壁面から14.5mm出っ張っています。カーテンレールの脚が短いと、フックがケーシングをこすることがあるので注意しましょう。
2. カーテンレールは、壁面からレールの中心まで30mm以上あるタイプを選ぶ。
横芯材にビスが打てるサイズのもの を選び、枠でなく壁に取り付ける。
レールを支えるブラケットの穴位置を計り、枠の上端から23mmの位置でビス止めします。
これより上と、窓枠より外には、横芯材がありません。その場合は市販のフィッシャープラグ(16.5mmの厚さに対応するもの)など、芯材がなくても壁に打てるビスを使って止めてください。
ブラインド、ロールスクリーンを枠の内側に取り付けるとき。
1. 上枠の前面から23〜39mmの範囲にビスがくるよう位置を決めます。
2. ビスを打つときは、必ず下穴をあけてから、ゆっくりもみ込むようにします。
ページの先頭へ
Copyright © MISAWA HOMES CO., LTD. All Rights Reserved.
当サイトに関するお問い合わせ 個人情報の取り扱いについて