MISAWAオーナーズクラブ
HOME お近くのMISAWA 各種ご相談・カタログ請求
ログアウト
>ミサワトップへ >会員情報の変更
ライフスタイル ガーデニング メンテナンス リフォーム 不動産サポート ライフサポートサービス オーナーズサークル
11月のトピックス|生活を彩るとっておきの情報を紹介。
トピックス

テーマ:家庭菜園

秋の菜園にチャレンジ!

秋冬の食卓を賑わせてくれる食材たちを、庭の一角で育ててみませんか?秋の菜園で、食卓をにぎやかにさせましょう!

トマト・シソ・キュウリ・枝豆……。春に植えた野菜たちの収穫も、ピークを過ぎました。我が家でもキュウリがまだ少し花をつけていましたが、シソを数本残してあとは全て整理しました。株を抜いたあとの土を掘り返し、残っていた根などを処分。このあと土壌改良のため、苦土石灰を施して一週間ほど寝かせます。これに堆肥や肥料をすきこんで更に一週間もすれば、次の植付けができるようになります。

近所のホームセンターには、既に様々な野菜苗や種が並んでいました。土が出来上がるまでの間に、秋の菜園計画を立てながら、育苗箱での種蒔き、苗作りをしておきましょう。今回もキーワードは「初心者マークでも収穫できる」です!

これから種蒔きして収穫できるものというと、葉物では小松菜、シュンギク、ほうれん草、三つ葉、チンゲンサイ、キャベツ、レタス、根菜類ではダイコン、ラディッシュ、カブなどがあげられます。種蒔きの方法は、草花の種と変わりありません。キャベツやレタスなど野菜苗もいろいろ出回っているので、種蒔きが苦手という方は、苗から気軽に楽しんでみると良いですね。

球根を植え付けるものでは、ワケギやアサツキがあります。どちらも薬味などに重宝する、ネギの仲間ですね。堆肥などをたっぷり施した肥えた土に植え付けると、グングンと葉が伸びてきます。20〜30cm葉が伸びたら収穫できますよ。

注意したいのは、球根植えつけ時の覆土。ワケギは、球根の先の部分がほんの少し見える程度に植え付けます。それに対してアサツキは、球根の上に6cmほど土を被せます。

次ページでは、種蒔き野菜のポイントをご紹介!

ページの先頭へ
Copyright (c) Misawa Homes Co.,Ltd. All Rights Reserved.
当サイトに関するお問い合わせ 個人情報の取り扱いについて