MISAWAオーナーズクラブ
HOME お近くのMISAWA 各種ご相談・カタログ請求
ログアウト
>ミサワトップへ >会員情報の変更
ライフスタイル ガーデニング メンテナンス リフォーム 不動産サポート ライフサポートサービス オーナーズサークル
4月のトピックス|生活を彩るとっておきの情報を紹介。
トピックス

テーマ:ガーデニングの始め方

ガーデニングの土の種類と土づくり

植物を栽培するうえで重要になるのが土です。土を知ることで植物の種類や環境にあった土づくりができるようになり、また土を良くすることで植物も生き生きと育つようになります。ここでは、その土の種類と土づくりについて学んでいきましょう。

良い土が良い植物を育てる

良い土とは

土を用いて植物を栽培する場合、その土は植物にとって「家」であり、また「食事」であるともいえます。根を張るのに適した状態ではないのに、すくすくと健康に育つことを期待するのは酷というものです。まずは自分の庭の土がどのような状態なのかを知りましょう。水はけは? 水もちは? パサパサ? ネットリ? 庭の中でも、場所によって土の状態は違うはずです。

団粒構造の土は水はけ・水もち、通気性、保肥性がよい

良い土の条件には、排水性、保水性、通気性、保肥性が良いことが挙げられます。園芸用語でいう「団粒構造の土」が、この「良い土」にあたります。 団粒構造とは、砂や粘土など様々な土の粒子(単粒)がくっつきあって小さな固まり(団粒)を形成して重なっている状態のことです。団粒と団粒の間には大きなすき間、団粒の中には小さいすき間があり、それぞれ排水、通気、保水、保肥に役立ち、植物が根を張りやすい環境となっているのです。

こういった良い土は、フカフカとしていて良い匂いがします。もし庭の土がこのような良い土でなかったとしたら、堆肥や腐葉土といった有機質を混ぜこむことで土壌を改良することができます。まずは土を知り、植物が育ちやすい環境を作りましょう。

土の種類

■黒土
畑土などにみられる、黒い土です。粒子が細かく、多用すると水はけが悪くなるのでコンテナには不向きとされています。

■赤玉土
関東ローム層の赤土をふるい粒子を揃えたもので、水はけ・保水性が良いのが特徴です。小粒・中粒・大粒と選別されて袋詰めになっています。ブレンド用には中〜小粒を使います。

■鹿沼土
栃木県鹿沼地方で産出される粒状の軽い土で、水はけ・保水性が良く性質は赤玉土と似ています。酸性なのでツツジやサツキ、山野草栽培などに向きます。

赤玉土は植物栽培の基本的な土

■腐葉土
広葉樹の落ち葉を腐熟させたもので、水はけ・通気性・保水性に優れています。腐葉土自体には肥料分はあまりありませんが、土中の微生物を増やして土を活性化する働きがあります。 使用の際は、カビが生えていたり嫌な匂いのするものは避け、完熟したものを選ぶようにします。

■堆肥
藁・落葉・野菜くずなどを腐熟させたもので土中の微生物を増やし、水はけや通気性を良くする働きがあります。腐葉土よりは肥料分が含まれています。 また、腐葉土と同じく完熟したものを選びましょう。

■ピートモス
ミズゴケ・シダなどが堆積し泥炭化したもので、軽くて保水性・通気性が良いのが特徴です。 酸性が強いので、ガーデニング用には一般的に『酸度調整済み』と表記されているものを使用しますが、酸性土を好む植物には調整されていないものを、と使い分けをします。

■バーミキュライト
蛭石を高熱処理して膨張させた人工用土で、軽いのが特徴です。水はけ・通気性・保肥力に優れています。

■パーライト
真珠岩を高熱処理して膨張させた、白い粒状の軽い人工用土です。 配合することで、水はけ・通気性がよくなります。

バーミキュライトは土壌調整用の人工土

■砂
水はけや通気性を良くするために用いられます。よく見かけるサラサラの川砂が一般的です。 群馬県桐生地方で産出される「桐生砂」や、富士山周辺から産出される「富士砂」は火山砂礫で、主に山野草の栽培などに使われます。

■水苔
湿原のコケ類を乾燥させたもので、軽くて通気性がよく、保水性に優れています。

ページの先頭へ
Copyright (c) Misawa Homes Co.,Ltd. All Rights Reserved.
当サイトに関するお問い合わせ 個人情報の取り扱いについて