住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえのアパート経営

マーケティングを考える

賃貸経営で最も大切なこと、それは市場の動向を掴む「マーケティング」です。計画時に差別化を考え、空室がでない物件にする必要があります。

2.周辺の競合物件・供給状況を調査する。

物件周辺のライバル物件を細かく調査します。
計画地周辺で比較的築年数の浅いライバル物件を調査してみます。実際に写真も掲載し、立地の状況や外観のデザインなどを整理し、さらに主要な間取り、家賃なども調査して、どんな入居者が多いのか調べています。
周辺一帯の供給状況を少しエリアを広げて調査します。
周辺にどんな物件が供給されているか、間取別、面積別、構造別、賃料別に周辺の賃貸住宅事情を調べてみます。それにより、周辺では間取りはワンルームが主流、20㎡強の比較的狭い間取りが多く、アパートよりマンションが多いことなど傾向が分かります。
周辺競合物件の状況を知ることが、差別化への近道。
  • 賃貸住宅の市場性調査 ご相談はこちら
前のページへ 次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!