住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえのアパート経営

マーケティングを考える

賃貸経営で最も大切なこと、それは市場の動向を掴む「マーケティング」です。計画時に差別化を考え、空室がでない物件にする必要があります。

3.様々なデータからプロが答えを導き出す。

間取りと賃料を決める調査データがとても重要です。
周辺物件の間取りと賃料のバランスをグラフ化してみると、多いタイプや相場がわかりやすくなります。左のグラフでは、地域に最も多い間取りタイプが1DKタイプで、競争が激しいことがわかりました。
このように周辺の状況を詳しく知ることで、どんな間取りが長期安定経営につながるのか、どんな間取りにニーズがあるのかを導き出すことができます。
さまざまな調査を踏まえ、納得した上で計画を進めます。
様々な市場調査データを検証し、最もオーナー様のメリットが大きいと思われる提案へと絞り込んでいきます。もし、市場調査をした上で、賃貸住宅に不向きな土地だと判断した場合は、その土地は何もしない方が良いということもあるかもしれません。
単に建てることを目的とするのではなく、メリットになることを一番に考えましょう。
市場調査はプロの仕事。調査結果を踏まえた上で、計画を進めましょう。
  • 賃貸住宅の市場性調査 ご相談はこちら
前のページへ 次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!