住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえのアパート経営

賃貸経営のスタート計画

賃貸住宅経営をスタートしていくにあたって、考えておきたいこと、また賃貸住宅経営の計画の流れをご紹介します。

1.賃貸住宅経営スタートのポイント。

まずは、土地の特性をよく知り、きちんとした建築計画、資金計画、経営計画を立てることが大切です。
まずは、「目標設定」すること。スタートが肝心!

賃貸経営は、まずは目標を明確に定めることが大切です。例えば…

  • 老後の私的年金としての家賃収入…借り入れの返済が早く終わる計画を。
  • 子育てなど当座の収入源…長期ローンで低い返済額で手取収入を増やす。
  • 相続税対策…将来を見据えて、相続しやすいよう敷地を分割した活用など。
土地の特性を活かした「企画力」が大切!

最も大切なのは市場調査です。大きく3つの視点で調査するとよいでしょう。

  • 広域エリアで見た土地の特徴…学校や工場など周辺環境や将来の動向。
  • 物件周辺エリアの特徴…間取りなどのニーズを把握する。
  • 土地の特徴を知ること…建てられる建物の大きさや近所との関係性を確認。
「目標利回り」を定めた投資を!

土地があるということは、賃貸経営の資本の一部を持っているということ。その土地の価値をしっかり把握して、利回り・収入を考えることが大切です。
どれくらいの収入が必要なのかを目標に定めて、賃貸経営を計画しましょう。10年、20年後を見据えてしっかりと計画を立てることです。

  • 遊休地などの活用方法 ご相談はこちら
  • 収支シミュレーション ご相談はこちら
前のページへ 次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!