住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえのアパート経営

賃貸経営の利回りを考える

土地の潜在能力を活かしきるのに、しっかりと考えたい賃貸経営の利回り。競争力のある投資効率の高い賃貸住宅づくりを考えてみましょう。

2.一括借上げシステムを知る

利回り計算で最も難しいのは、入居率をどう設定するかです。正確な空き部屋のリスクを利回り計算に盛り込むことは、プロでもなかなか難しいものです。

そこで注目したいのが、「一括借上システム」。
賃貸経営をする際、住宅メーカーや不動産会社との契約で、賃貸住宅を丸ごと借り上げてもらい、満室時の85%〜90%程度の家賃を払ってもらうというもの。もちろん会社によって内容は様々ですが、契約相手が安心できる会社なら家賃収入が把握しやすいのでオーナー様にメリットの多い契約となるはずです。

安心できる会社かどうか見極めるためにも、正しい知識を身に付けて、ご自分で利回り計算や市場の相場などを把握できるようになりましょう。

契約相手が安心できる会社かどうかを自身で見極めることが重要です。
  • 賃貸住宅の市場性調査 ご相談はこちら
  • 収支シミュレーション ご相談はこちら
前のページへ 次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!