住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえの法律・税金対策

土地の税金を考える

土地の価値が上がらない現在、固定資産税を払う分だけ資産が目減りしていくと言えます。土地を所有することによりかかる「固定資産税」について考えます。

1.固定資産税を考える

まずは、固定資産税にまつわる『キーワード』を知る。
固定資産税・・・・・・・・・・・
土地や建物などの所有者にかかる税。
課税標準額 税率1.4%(市町村毎に異なる)が税額になる。
地価・・・・・・・・・・・・・・・・・・
土地の価格のこと。一般的には実勢価格(時価)。
公示地価や評価額を指すことも。
固定資産税評価額・・・・
土地と建物にかかる税金の基準となる価額。
土地は公示価格の7割、新築建物は建築費の5〜7割程度。
課税標準額・・・・・・・・・・・
固定資産課税台帳に登録された不動産の価額。
特例措置の対象となる場合はその額よりも低くなる。
お持ちの土地が「負の財産」にならないよう、相続対策など将来を見据えた有効活用が必要なのです。

これは地価と評価額・課税標準額の推移(全国)のグラフです。ポイントは、固定資産税評価額(グラフのグリーン色)と実際の課税標準額(グラフのオレンジ色)が異なる場合があるということ。平成6年度の評価替えから固定資産税評価額は公示価格の7割となりました。それまでに比べ、固定資産税評価額が一気に高くなり、これを緩やかな上昇に止めるために、課税標準額を抑える仕組みになりました。この結果、公示価格などの地価が下落しても、固定資産税の税額はあまり安くなっていないという減少が起こっています。近年、地価がやや上昇傾向にあるものの、依然土地の価値が低い状態に対し、土地の固定資産税はあまり変わっていません。つまり、土地を活用し、収入を生まなければ、「税金のかかる財産」という傾向が強くなっていきそうです。

  • 相続・贈与や税金 ご相談はこちら
前のページへ 次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!