住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえの法律・税金対策

大家さんの責任を考える

賃貸経営を成功させるためには、様々なリスクをあらかじめ想定し、対策を立てておくことが大切です。まずは賃貸オーナーの責任について、最低限の知識を持つことから始めましょう。

1.賃貸経営の責任について知る

賃貸オーナーとしての“心がけ”を持つこと。
賃貸住宅の経営者と入居者の関係も時代と共に常に変化しています。
日本では近年、「消費者保護」という考えが広く普及し、賃貸住宅に関してもその傾向がますます強くなっています。
昔から日本では、「大家は親も同然、店子は子も同然」などという言葉が落語の中にも出てくるほど、大家さんと入居者の人間関係は深いものでしたが、最近では入居者(消費者)が、より保護される時代になっているのです。
今や、あらゆる経営に経営責任が求められています。賃貸住宅経営も例外ではありません。事業者である大家さんには、入居者が安全に暮らしていく環境を提供する義務があると言うとおおげさかもしれませんが、きちんとした知識を持ち、あらかじめ賃貸住宅オーナーとしての責任を把握しておけば、様々なトラブルを未然に防ぐことができます。
右記は、賃貸オーナーが考えておきたいポイントです。建物に欠陥等がないことや、正しいルールを把握しておくとよいでしょう。
前のページへ 次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!