住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえの法律・税金対策

相続・贈与の税制を考える。

2011年度の税制改正大綱より相続税の改正が予定されています。相続・贈与の税制の『今』をしっかりと把握しておきましょう。

3.与を活用しましょう。

贈与税の種類と特性(平成23年税制改正予定)
1.「暦年課税」の贈与

こちらは長期対策向きです。
2.「相続時精算課税」の贈与

こちらは大型贈与向きです。
相続時精算課税制度を利用した場合暦年課税に変更できませんのでご注意!

贈与税で従来の課税方式を「暦年課税方式」と言います。暦年課税方式は、年間の基礎控除額110万円までは申告することなく非課税で受贈することができます。この金額を超えると超えた額に対して10%から50%(改正案55%)の贈与税がかかります。ただし贈与者(親など)が亡くなり、受贈者が相続人になると、受贈した財産について相続開始前3年以内のものはすべて相続財産に含まれてしまいます。贈与税をすでに支払っていても還付の対象にはなりません。

「相続時精算課税制度」は、生前贈与として2500万円まで贈与税を非課税にし、贈与者が死亡した場合に、相続財産に生前贈与分を合計して相続税を納税する方法です。ただし贈与額が2500万円を超えた場合は、超えた部分に対して一律20%の税率が適用され、超えた部分のみ毎年納税手続きをします。
この超えた部分も、贈与者が死亡したときに支払うべき相続税から支払済みの贈与税分を差し引いた額が相続税として納税すればよいことになります。

(最新の情報はお近くの税務署もしくは税理士にご確認・ご相談下さい。)

  • 相続・贈与や税金 ご相談はこちら
前のページへ 次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!