住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえの法律・税金対策

大家さんの賢い確定申告

賃貸住宅の大家さんは『賃貸住宅の経営者』です。規模の大小はありますが事業の1つです。健全な賃貸経営のためにも経理業務をしっかりと把握しておきましょう。

2.必要経費を知ることが節税への道

賃貸住宅経営では、一般的に経営のために発生する支出として必要経費に種類があります。
そして経営の中でも判断がつきにくいのが、「修繕費」か「資本的支出」のどちらになるかです。その判断基準は金額となんのための支出かです。

「修繕費」となるものはまず、支出した金額が20万円未満か、およそ3年周期の修繕であるか。次に、金額が60万円未満、もしくはその資産の取得価額(減価償却する前の価額)のおおよそ10%以下であるか。これにも該当しない場合は、税務署の判断となります。
修繕費の場合は、その年に発生した支出として扱われます。
一方、「資本的支出」の場合は、税務・経理のルールに従い、何年間かかけて減価償却していきます。

必要経費をしっかりと把握することで、経営の無駄を見つけることにつながります。
  • 相続・贈与や税金 ご相談はこちら
前のページへ 次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!