住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえの空室対策

子育て世代に喜ばれる賃貸住宅

子育て世代をターゲットにした市場は広がっており、そのニーズは賃貸住宅にも波及しています。そんな「子育て世代」をターゲットとした対策を考えます。

1.子育て世代が求める賃貸住宅とは

今、子育て世代の物件は注目すべきマーケット。まだまだ供給の少ない優良な物件が求められています。

子育て世代をターゲットにした場合、様々なニーズを踏まえて賃貸住宅の計画を立てる必要があります。左上のグラフでも分かるように、子育て世代が最もこだわるのは「部屋数と広さ」。続いて「周辺施設」などの立地環境になっています。交通利便性より、住まいのゆとりや環境を大切にしている傾向が分かります。つまり多少駅から遠くて、単身者向け賃貸などに向かない立地でも、環境や間取り次第で子育て世代には好まれる可能性もあります。

部屋数や広さの目安になるのは右上のグラフ。子供一人の家庭の半数近くが賃貸住宅に住んでいて、子供の人数が増えていくにしたがって、持ち家率が高くなっていきます。子育て世代を意識した賃貸住宅を計画するなら、子供一人の家庭を中心に考えてみても良いでしょう。

  • 賃貸住宅の市場性調査 ご相談はこちら
前のページへ 次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!