住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえの空室対策

子育て世代に喜ばれる賃貸住宅

子育て世代をターゲットにした市場は広がっており、そのニーズは賃貸住宅にも波及しています。そんな「子育て世代」をターゲットとした対策を考えます。

2.子育てママが気に入る賃貸住宅

コミュニケーションしやすい住まい
子育て世代が求めるのは、一に空間の広さ。個室の多さよりも家族がいつも一緒に過ごすことができる広いリビングが求められます。
また人気なのが、対面式カウンターのあるキッチン。これなら家事をしながらでもリビングにいる子供に気配りができ、会話もできるので、常に子供と親がコミュニケーションを取ることができます。
汚すことを気にしない住まい
元気に遊ぶ子供達は、汚れて帰ってくるもの。お掃除のしやすい土間のような広い玄関なら、その場で汚れをはたき落とすこともできますし、遊具、ベビーカーなども置いておくことができます。また子供達と遊んだアウトドア用品の収納にも便利です。壁クロスもあらかじめ取り替えることを前提にしてコストを抑えたものを採用し、「気にせず汚してくださいね」と一言添えると喜ばれるでしょう。
収納量たっぷりの住まい
子育て世代は何かとモノがあふれてしまうもの。子供が描いた絵などの思い出、親戚や友人から送られたお祝いの品々・・・。スペースにゆとりがあるのなら、ウォークインクロゼットが理想ですが、広さが家賃と比例してしまう賃貸住宅では、なかなか難しいもの。賃貸住宅にも大型収納を備えることができると、大きな差別化となるはずです。
またメゾネットタイプの建物なら、階段下を収納にするなどさらに工夫ができます。壁一面のクロゼットを設置するなど、収納量を多く確保することも重要です。
お風呂もコミュニケーションの場
子供と一緒に入れる広めのバスルームは、子育て世代に大変喜ばれるアイテムのひとつです。パパとお子様が一緒にお風呂に入って、先に子供が出る。そんな時に便利なのが、お風呂のブザー。万一の時の非常ベル代わりにもなり、人気です。
さらに浴室乾燥機がついていると便利だという声も多く寄せられます。子供達は、梅雨時も構わず服を汚して帰ってくるものです。
様々な専門家の意見やお客さまのニーズ、そして豊富な実績の中から集約したヒントなので、要チェックです!
  • リフォーム・建て替え ご相談はこちら
  • 建物プラン・見積り ご相談はこちら
前のページへ 次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!