住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえの空室対策

収納力で差をつける

入居者の部屋に対する不満で多いのが、「収納」に関すること。入居募集時での差別化・長期安定経営の鍵となる「収納力」に迫ります。

2.差別化できる収納力 2

「サニタリー」で注目される収納力

意外に気付かれないのが、洗面所の収納不足。化粧品や洗濯洗剤などのストック、タオルなど思ったより収納量が必要なスペースのようです。そんな洗面所で好評なのは、洗面台の鏡の裏を使った収納など。やはり洗面台の下だけでは収納不足のようで、小物類や化粧品などを収納するのに便利だという評価を得ています。さらに洗濯機の上のスペースを利用したいというニーズもあります。洗剤や洗濯前の衣類などを収納するスペースがあると、ポイントも上がるでしょう。

「キッチン収納」は使いやすさをテーマに

部屋探しの際に、女性が特にチェックするのがキッチンの収納力。キッチンに置く家電製品は予想以上に多く、その置き場所に困っている方は多いようです。炊飯器と電子レンジ程度はどの物件でも設置するスペースがあるでしょうが、さらにコーヒーメーカー、ジューサーミキサーなど、思った以上にスペースが必要です。

キッチン収納も、吊り戸棚の上部やシンク下収納の奥など、使い切れないスペースが多いことにも不満があるようです。「リフト式の吊り戸棚」やキッチン下の「大容量の引き出し式収納」などは女性に喜ばれる工夫でしょう。

キッチン収納に工夫がされていると、主婦目線で計画していると印象に。入居者目線の収納計画がポイントです。
  • 建物プラン・見積り ご相談はこちら
前のページへ 次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!