住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえの土地活用

あなたにベストの活用方法を見つけよう

ひとくちに資産活用と言っても、その手法はさまざま。どのような活用法を見つけていけばよいのかを3つの手順でご紹介します。

3.賃貸住宅経営を選んだ場合、ポイントは『マーケティング』。

賃貸住宅の専有面積は、年々広くなっています。

今、空室が目立っているのは、バブル当時に建てられた比較的狭いタイプ。右のグラフは、単身者向け賃貸住宅の専有面積の移り変わり。長期的に見ると、専有面積が狭くなったのはバブル期の建物だけです。当時は、貸し手市場で、利回りを重視して建築される傾向にあったので狭い住戸が多かったのですが、長期的に考えると成功したとは言えません。長期安定経営を考えるなら、目先の利回りより、長期の安定を考えるべきです。

専有面積や間取りは、利回りではなく、『需要』で決めるべきです。
どのような人が多い場所か。単身か、カップルか、ファミリーか。そして場所の人気も考慮し、入居者が集まりやすい広さと間取りを考えることが大切です。
  • 遊休地などの活用方法 ご相談はこちら
  • 賃貸住宅の市場性調査 ご相談はこちら
前のページへ 次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!