住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえの土地活用

悪条件を魅力に変える土地活用

変形地や旗竿型の土地、路地裏の土地など、活用法に困ってしまう土地条件も少なくありません。そんな悪条件な土地でも魅力的な賃貸住宅にすることができるノウハウをご紹介します。

3.お悩み解消ヒント2

所有している土地が変形敷地で困っています。
変形敷地こそ、設計力で魅力的な物件にすることも。
どんな形状の敷地も上手に活用すれば、逆に個性的な物件に。まずはプロにご相談を。 三角形の土地の場合、どんな建物を建てればいいのかお悩みになると思います。なかなか効率の良いプランが難しいのも確かです。右図は無駄なスペースを恐れずに全室を角部屋にする、という発想でプランを立てた例です。各住戸が人気の角部屋になります。無駄が多いのでは、と思われていた敷地も逆に魅力を感じさせる物件に。設計力次第で、変形地は魅力的な物件にすることが可能なのです。
密集地にある土地の活用方法に悩んでいます。
斜線規制なども工夫次第で、個性的な空間づくりになる。
デメリットも工夫次第でメリットに。プロの技に期待しましょう。 右図のように密集地などでの日照確保のために、北側斜線や道路斜線など、建物の形状が制限されてしまう規制があります。通常は、建物の規模が小さくなるというデメリットになってしまいます。しかしこの勾配も上手く設計上で工夫すれば、プラスアルファの魅力的なスペースにすることも。例えば勾配部分をロフトスペースにしたり、ミサワホームの「KURA」の発想で収納スペースにすれば、入居者にうれしい空間にすることもできます。
  • 遊休地などの活用方法 ご相談はこちら
  • 建物プラン・見積り ご相談はこちら
前のページへ 次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!