住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえの土地活用

「戸建貸家」に注目する!

今、「積極賃貸派」の家族が増える中、土地活用で注目されているのが「戸建貸家」。「戸建賃貸」とも言われる一軒家タイプの賃貸ニーズと経営メリットをご紹介します。

3.戸建貸家の経営メリット 2

閑静な住宅地に、戸建貸家10棟とメゾネットタイプの賃貸2棟で形成された街並み。周辺とも馴染み、落ち着いた雰囲気に。
平屋と2階建の戸建貸家がバランス良く街並みを形成。広い庭を入居者自身がきれいに管理し、また思い思いに利用します。
戸建貸家を考える場合は、プロに必ず立地と活用方法の検証をしてもらい、収支の比較検討をしましょう。
貸しにくい部屋が生まれない。
例えば、共同住宅では角部屋は人気となり、一階の真ん中の住戸などは借り手がつきにくい、といった差が生じることがあります。その人気の差が、共同住宅全体の収益に影響を及ぼすことはいうまでもありません。
しかし一戸建ての場合なら、敷地が角地とそれ以外といった多少の差は生じるものの、人気に差が出にくいというメリットもあります。また多少日当たりが悪い立地でも、2階リビングなどの手法を取り入れれば、暮らしは快適になるため、部屋によって貸しにくい物件が出るリスクも回避できます。
戸建住宅だから、地域にとけ込みやすい。
特に住宅地では、単身向けの共同住宅は、入居者が地域のコミュニティに参加しづらい等、ご近所に敬遠される場合もあります。しかし戸建賃貸なら、ほぼファミリーの需要なので、地域でのコミュニケーションもとりやすく、ご近所からのクレームなども出にくくなります。
また、戸建住宅なので閑静な住宅街でも、共同住宅に比べて街並みにとけ込みやすいのも特徴です。駅から少し遠い立地の閑静な住宅街などでも、戸建賃貸なら地域の方々に喜ばれる選択と言えます。
共同住宅よりもオーナー管理がラク。
共用住宅では、住環境を維持するために、階段や廊下等の共用部分の清掃が必要ですが、戸建賃貸は、基本的に共用部分がなく、主にファミリー層が入居するので、単身者向けの共同住宅より入居者がきちんと掃除、手入れをする傾向があります。玄関まわりや庭などの掃除・手入れは入居者が行うことで、オーナーの手間を少なくすることができます。また入居者の環境意識が強くなるので、キレイに暮らす傾向が強いようです。もちろん入居者間のトラブルも少なくなります。
  • 建物プラン・見積り ご相談はこちら
前のページへ 次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!