住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえの土地活用

賃貸併用住宅の可能性

マイホームや収入のあり方を見直す段階にきている時代だからこそ、自宅と賃貸をいっしょに建てる「賃貸併用住宅」の可能性に迫ります。

1.賃貸需要のあるエリアなら検討価値もアリ。


自宅の敷地が収入を生む。それが賃貸併用住宅です!

現在、所有している自宅の土地に働いてもらい、収入を生み出すという考え方。つまりは、自宅の建て替え時などに考えたいのが「賃貸併用住宅」です。

「賃貸併用住宅」に建て替えると、自宅が新しく快適になる事に加え、家賃収入を自宅部分のローン返済に充てることができます。つまりほとんど支出することなく自宅が建て替えられる可能性もあります。さらに賃貸住宅経営のメリットである相続税、固定資産税等の節税も期待できます。
敷地にまだゆとりがあるなら賃貸住宅部分を増やすことで、ローンを返済しても、プラスの収入を得ることも可能です。

現在、建て替え時期にきている住宅のほとんどはバリアフリーに対応していないケースが多いでしょう。老後も安心して暮らせる家に建て替えられ、家賃収入を生活費の一部にできることも、賃貸併用住宅はメリットが大きいと言えます。さらに賃貸部分を利用して将来二世帯住宅にすることも可能。将来の家族構成に対応しやすいことも魅力です。検討する価値のある活用法です。

  • 自宅+賃貸(賃貸併用住宅) ご相談はこちら
前のページへ 次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!