住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえの土地活用

農地活用を考える

農家の多くの方々が抱える、土地にまつわる税金の問題。先祖から受け継いできた土地[農地]を大事に残し、活かしていくヒントを見出します。

1.農地の悩み、それは相続の悩み

農地を所有されている農家の方の大きな悩み、それは相続の問題。
農家の方の場合、農業相続人がいるかいないかで大きく違います。

農業相続人、つまり農業を継いでくれる跡取りがいる場合には、相続税の納税猶予制度が適用されるため、実質的に相続税はほとんど課税されません。しかし、農業相続人がいない場合には、宅地並みの課税となり、広い農地には多額の相続税が発生する恐れがあります。

そこで考えたいのが農地の活用。しかし農地の活用といっても、ケースバイケース。税制面でも、立地条件によっても農地の活用の仕方は変わります。三大都市圏かそれ以外か、また市街化区域か調整区域かでも、まったく税制も変わります。

やはり、農地活用に詳しいプロをみつけることが一番の成功への近道です。農地の活用を考えている方へ、次ページからは「土地に建物を建てて貸す」と「土地のみを貸す」の2つの手段に分けて考えた場合の活用方法に迫ります。

農地活用を考える時、まずは信頼できるパートナーを見つけることが大事!
  • 相続・贈与や税金 ご相談はこちら
前のページへ 次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!