PLTでんき

電力会社の固定価格
買取期間を満了した方向けの
太陽光余剰電力買取サービス

2024年春より受付開始予定

太陽光発電を設置してから10年を経過された方の余剰電力の買い取りサービスです。
オーナーさまの太陽光発電でできた環境にやさしい電力を循環させていくことを目的に、
大手電力会社より高価格で買い取るサービスです。

PLTでんき
電力買取サービスなら
買取価格11円/kwh

※再エネ特措法、その他関連法令の改正、その他社会情勢の変化などの事情により買取金額が変更となる場合があります。

2019年からFIT買取期間が
順次終了しています

「固定価格買取制度(FIT)」とは?
太陽光発電など再生可能エネルギーでつくった電力を大手電力会社が一定価格で一定期間買い取る制度です。
住宅用の太陽光発電の固定買取期間は10年間※1。2009年に定められたFIT制度は2019年から順次、買取期間が満了しています。
買取期間満了後、
余った電気はどうなるの?
10年間の買取期間が満了すると大手電力会社による買取価格が下がります※2
発電した電力をムダにしないために対策が必要です。
※1 太陽光発電の容量が10kW以上の場合は、固定買取期間は20年間と定められています。
※2 2023年12月現在、発表されている大手電力各社の買取価格は7円〜9円(当社調べ)
対象
固定価格買取期間を満了された
(卒FIT)
ミサワホームのオーナーさま
およびリフォーム工事ご契約者様※北海道電力、東北電力、東京電力、北陸電カエリアは
太陽光発電容量10kW以上は対象外となります。

お申し込みは簡単な
手続きのみ

面倒な手続き不要!
切り替えカンタンで
おトクな買取サービスです。

  • 立ち会い
    工事不要
  • 切り替え
    費用不要
  • 沖縄および
    一部離島を除く
    全エリア買取可能
  • 買取金額は
    自動的に
    お振込み
  • 現在の
    売電先への
    解約手続き不要
  • ほかの
    サービスとの
    セット加入不要
他社より買取価格が
            高いからお得!電力買取サービス11円/kwh

※2023年12月現在の各社公表価格(当社調べ)。詳しい売買価格は、現在ご契約されている電力会社へ直接お問い合わせください。

※再エネ特措法やその他関連法令の改正、その他社会情勢の変化などの事情により、買取金額が変更となる場合がございます。

※年1回、お客様が登録された指定金融機関銀行口座にお振込みさせていただきます。
管轄電力会社から受電電力量の通知が遅延する等の際は、振込が遅延する場合もございます。

※契約期間中の解約に伴う違約金はございません。原則として受給契約の内容は料金適用開始以降1年目までは変更できません。
変更を希望する場合、負担金が発生する場合がございます。別途詳しくは約款を御確認下さい。

買い取るだけでなく
事業活動に利用

PLTでんきの小売電気事業者

PLTでんきの小売電気事業者(実際の電気の売買を行う会社)は、北海道電力、東北電力、東京電力、北陸電力エリアは㈱ファミリーネット・ジャパン、中部電力、関西電力、四国電力、中国電力、九州電力エリアは大阪ガス㈱になります。

規約・重要事項説明書

お住まいの電カエリアの規約・重要事項説明書を必ずご確認ください。

申し込みエリア
確認方法

受電地点特定番号の先頭2桁でお申込みいただくエリアをご確認いただけます。

お手元に電力会社から送付された「購買電力量のお知らせ(検針票)」または「買取期間満了のお知らせ」をご準備いただき、
記載の受電地点特定番号をご確認ください。

(それぞれ電力会社ごとに名称が異なります。詳細はこちらをご覧ください。

各電力会社の買取満了のお知らせ(サンプル)

受電地点特定番号の先頭2桁でお申込みいただくエリアをご確認ください。

住まいの余剰電力を
循環させることで、
脱炭素社会に貢献

プライム ライフ テクノロジーズグループは、2022年7月に「2050年までにカーボンニュートラルを実現する」ことを宣言しました。
脱炭素社会を目指し、建設・住まい・まちづくりを通して、グループ全体で足並みをそろえ取り組みを進めていきます。
人々が生活を営む場である住まいや、一日中忙しく働くオフィスビルにおいて、使用するエネルギー量を減らすことは、CO₂削減に大きな影響力を及ぼします。
私達プライム ライフ テクノロジーズグループは、「RE100」加盟の表明とともにお客様の余剰電力をグループの住宅展示場やオフィス、工場などで活用し、
再生可能エネルギーを循環させることで脱炭素社会への貢献を目指します。

プライム ライフ テクノロジーズグループは
「RE100」に加盟し、事業活動における
再生エネルギー化率を2030年60%、
2040年までに100%達成を目指します。

RE100とは、国際NGO「The Climate Group」と「CDP」が連携して運営する国際的なイニシアティブのことで、 企業が事業活動で使用する電力を100%再生可能エネルギーにすることを目標に掲げています。

※RE100にはプライム ライフ テクノロジーズグループ(連結対象会社)として参画し、使用の許諾を受けています。

プライムライフテクノロジーズ

プライム ライフ テクノロジーズグループは、パナソニック ホームズ、トヨタホーム、ミサワホーム、パナソニック建設エンジニアリング、松村組からなる企業グループです。「くらしの“あたりまえ”をかえていく」をスローガンに住宅、建設、まちづくり事業を展開しています。

ホールディングスカンパニーのプライム ライフ テクノロジーズ株式会社の株主は、パナソニックホールディングス株式会社、トヨタ自動車株式会社、三井物産株式会社です。