不動産サポート 不動産サポート

マイホーム借上げ制度

移住・住み替え支援機構が、マイホームを借り上げます。

故郷の景色を思い起こさせてくれる郊外のニュータウンに家を建てて8年。
ご長男の大学進学とご主人の都心への転勤もあり、住み替えを決断されたA様。
当初は貸すことも考えられたそうですが、どんな人が住むのだろうか?きれいに使ってくれるだろうかと不安になり、いっそ売ってしまった方がすっきりする、と売却を決断されました。
ところが、地元の不動産会社に査定を依頼すると、市況が悪いという理由で希望額を大幅に下回る結果に。
「ミサワホームに相談した方がいいんじゃない」という奥様の一言でご連絡いただきました。
担当者から「スムストック査定」システムをご説明し、実際に査定させていただいた結果は、ご希望額にかなり近いものだったそうです。
「実は若い頃から、家を建てるならミサワホームと決めていたのです。
少しでも高く売れればうれしいですが、私と同じ価値観を持つ人に大切に住んでもらいたい。
ミサワホームならそういう人を探してくれるだろうと思いました」とご主人。
一週間後に見学希望のお申し出があり、この環境と建物をとても気に入られ、すぐに購入の申込みと、スムーズに売却が進みました。
「転勤の心配のない年齢になったら、もう一度ミサワホームで家を建てたいですね」とほほ笑むA様ご夫妻です。

ご夫婦二人での暮らしやすさを考えて元気なうちに住み替えをスタートされたB様

B様が家を建てられたのが17年前。
「そろそろ定年も近くなり、夫婦二人で暮らすには広すぎるため、元気なうちに住み替えをしよう」と、3年前からB様の住み替え計画がスタートしました。
まずは近くの不動産会社に査定を依頼。
相場より高めの販売価格となったために見学される方も少なく、約半年で中止することに。
その後、「貸す」ことも検討されたそうですが、最終的には処分しなければならないことから、再度「売却」を検討されることに。
ちょうどその頃届いた「ミサワオーナーズクラブ」で「スムストック査定」を知り、「この家を建てたミサワホームの評価を知りたい」と査定を依頼。スムストック査定による客観的な評価や的確なアドバイスに納得され、ミサワホームに売却のご依頼をいただきました。
B様は定期的にメンテナンスを実施されており、建物は築年数を感じさせないコンディション。
中古住宅でありながら「建物保証付」として販売できることになりました。販売開始後、C様から見学の申込みがあり、ご希望の広さ、間取り、建物のコンディション等を評価いただき、その日のうちに売却が確定。「愛着のある家なので、気に入って住んでくれる方が見つかって喜んでいます」とB様。この春から、お近くのマンションで新しい生活を始められています。

築20年を越えたマイホームを売却。ご長女夫婦が住む近くのマンションに住み替え、セカンドライフを満喫されているD様

D様が大阪のご自宅をミサワホームに建替えられたのは、平成元年のことでした。
その後、ご長男、ご長女とも結婚されて家を離れ、そして一昨年、最愛のご主人が他界されました。「独りになってみると、広すぎてなかなか維持していくのが大変」。
維持管理はもちろん、税金などの負担も大きくなっていき、ご主人の一周忌を機に売却を決意されました。「慣れ親しんだ大阪を離れることになりますが、主人には生前から、何かあったら東京で暮らす長女の近くに住み替えをすることは話していたんです」当初は、おつきあいのあった不動産会社に相談されましたが、対応があまり良くなく、「それならば建てた会社に相談するべき」と、ご友人のすすめもあってミサワホームにご相談をいただきました。 築20年を経過していましたが、建物の価値を適正に評価することで、不動産会社よりも高い査定額となりました。しかし、ご近所には二、三年たっても売れない物件があり、本当に売れるものか、とても不安だったそうです。販売活動をスタートして、間もなく見学希望者があらわれました。
D様は、ご家族の歴史を見つめてきたご自宅を、取り壊さず大切に使っていただける方を希望していましたが、見学された方は、壊すことなくそのままお使いいただけることになり、トントン拍子に契約が決まりました。予想以上に早くご自宅の売却が決まり、東京でのマンション探しも急ピッチで進められましたが、こちらもタイミング良く物件が購入できました。「長女の住まいから一駅か二駅ぐらい離れた場所が良いかなと思っていましたが、結局は長女宅から徒歩一分のマンションに落ち着きました」
「築二十年を経過しても、丈夫なミサワホームの建物だからこそ、住み継いでいただけることができたのかなと思います」とD様。お嬢様の住む街で、新しい生活を悠々と楽しまれています。

急な転勤でマイホームを売却することとなったE様。スムストック査定ではメンテナンス工事も高く評価され、スムーズにお譲りすることができました。

E様が静岡県にマイホームを新築されたのは平成12年のこと。生まれたばかりのお嬢様のために子育て環境に良い土地を探されていたそう。たまたま公園に接した土地が見つかり、広々とした解放感が気に入りご購入されました。 「建物は、『蔵』のある家。担当者や設計の方と何回も打ち合わせして間取りを決めていったので、とても愛着がありました」とご主人。
一番のお気に入りは「蔵」。やはり収納力が魅力でした。
ご近所の方とも仲がよく、花壇に植えたチューリップが好評で「今年もきれいに咲いたよ」とメールで教えてくれるなど、今でもお友達付き合いをされているそうです。 今回売却を思いたったのは、東京への急な転勤話から。築10年を迎え、シロアリ予防のメンテナンス工事を行なったすぐ後だったので、少し残念に感じられたそうです。
ちょうどその頃、オーナーさま感謝祭が催され、スムストックの話しを聞き、担当者に売却の相談をすることに。「近くの不動産会社に相談することも考えましたが、普段からアフターサービスがしっかりしており、適切なアドバイスを頂いていたので安心感がありました」と奥様。スムストック査定ではメンテナンス工事を行なったこともプラス評価になるということで一安心。担当者から査定の説明を受けたときには、自分達が思っていた査定額よりも好条件だったため、本当にその価格で売れるのかと少し不安に思われたそうです。
しかし、販売を始めてみると、すぐに2組の方がご見学に。その中の一組が「もう1度、両親を連れて見に来たい」と言われ喜んでいたら、たまたま約束した見学の前日に東日本大震災が発生。時期が悪いとご両親から反対され、話が流れてしまうのではと心配されていましたが、次の週には無事、契約となりました。
「E様からミサワホームのアフターサービスの話や『蔵』がいかに便利かを見学者の方にご説明いただき、お買い求めになられた方もオーナーさまの生の声を聞けたことが良かったのでは」と、担当者。しばらくは転勤生活が続くE様ですが、新しい街でのフレッシュな生活に胸を膨らませています。
ページの先頭へ