特集

賃貸経営の鍵は市場調査 Part3

あたりまえのアパート経営

どんな業種でも「市場調査」は基本。賃貸経営でも市場調査を行なうことが成功の鍵になります。今回はそんな「市場調査」について特集します。

この記事は資産活用情報誌「GOOD OWNER」2019年9月号掲載記事をWeb用に再編集した内容となっています。掲載内容は本誌発刊当時のものとなります。

市場の変化に左右されない魅力づくりを

ミサワホームにはファミリー向け賃貸住宅の実績が数多くあります。ここではその一部をご紹介します。

空間の工夫で魅力ある賃貸住宅に

市場は常に変化します。現在ニーズが高い設備も数年経てばあたり前になってしまいます。だからこそ必要なのは、時代に左右されない物件の魅力を建築時に考えておくことです。
ミサワホームでは、空間デザインの工夫を行なうことで、何年経っても色あせない魅力を提案しています。
例えば3.2m※1の圧倒的な高さを持つ1階住戸の天井や、その高さを活かした「蔵」※2収納の提案など、周辺物件にはない開放的な空間の魅力を加えることで入居者の満足度を高めます。

※1 天井の高さはプランにより異なります
※2 「蔵」は居室としての使用はできません


これからはあたり前になるZEH対応の性能

ミサワームの賃貸住宅は、断熱性に優れているためZEHに対応できる性能を実現しています。優れた性能により冷暖房費を大きく削減しながら、快適な暮らしを提案することができます。
これからはこの基本性能があたり前になります。ミサワホームではさらにプラスαの魅力を提案することで、長期にわたり入居者に支持される住まいを目指します。

※ ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略。住まいの年間一次エネルギー消費量が正味でおおむねゼロになる住まい


勝ち〈価値〉残る賃貸経営には安心が必要

20年、30年経っても、入居者に魅力的な住宅であるためには、価値が長く続く性能が必要です。ミサワホームではデザイン性の高さを維持し、建物の美しさを保つため、経年劣化しずらく将来のメンテナンスコストも抑えられる高耐候外壁材の提案を行なっています。さらに日本の住宅の永遠のテーマである耐震性能については、大きな震災のあとでも安心して住み続けることができる性能が求められています。
ミサワホームは、強固なモノコック構造で、実大実験を繰り返し、その優れた耐震性能は実証されています。1967年の創立以来、ミサワホームの地震による建物の倒壊はゼロです。さらに独自の耐震+制震装置「MGEO(エムジオ)」は地震エネルギーを最大約50%軽減。繰り返す余震でも変わらぬ効果で、入居者とオーナーさまの資産を守ります。

※ 地盤に起因する被害、地震に伴う津波や火災による被害は除く


ターゲットを絞った「コンセプト型賃貸住宅」

多様な入居者のニーズにあわせたデザイン提案

今、入居者は自分のライフスタイルにあったデザインの賃貸住宅に住みたいというニーズを持っています。
ミサワホームではそんなニーズにあわせたインテリアデザインをご用意しています。落ち着いたカラーでシックな空間や、カフェ風のオシャレな空間、さらに女性に好まれるエレガントな空間やモダンな家具が合うスマートでシンプルな空間などを選ぶことができます。部屋ごとに異なるインテリアを用意することも可能です。

供給量が少ないペット共生賃貸住宅

周辺に競合物件が多いエリアなどでは、他の物件にはない、差別化を図る必要があります。
その一つがペット共生賃貸住宅です。ペットを飼いたいと望んでいる賃貸入居希望者は多く、そのニーズに対してペット可の賃貸住宅が少ないのが現状です。さらにドッグヤードをはじめとしたペットのための設備まで備えた「ペット共生賃貸住宅」は、その希少性からペット好きの方から絶大な支持を得られます。

さまざまな趣味に対応した企画型賃貸住宅

入居者の指向は多種多様です。そのニーズに対応することも、人気のある物件を用意するためには大切なことです。例えば、駅から遠い立地の場合などでは車好きのための賃貸住宅を考えるのもよいでしょう。シャッター付きのガレージがあり、室内から好きな車を眺められる工夫がある住まいはまさに特別な物件となります。
他にもさまざまな趣味を楽しむ空間として使える土間空間がある物件なども人気になっています。

医療・介護・福祉施設などもニーズの高い活用法

ミサワホームでは介護・福祉施設の運営・経営において、豊富なノウハウがございます。介護事業者や医療法人などのご紹介も多く実施していますので、スムーズに計画を進めることができます。
さまざまな活用方法、多種多様な入居者のニーズに対応できる提案バリエーションを用意していることが、ミサワホームの大きなメリットといえます。

ミサワホームへのご相談はコチラから

関連する記事RELATED ARTICLE

あたりまえの法律・税金

増税時代に備える資産活用 Part1

2019年10月から開始予定の消費税増税。税の負担が高まるこの時代に、資産をどう活かして行くかを税務のプロにお聞きしました。

記事を読む

あたりまえの法律・税金

消費税アップで賃貸経営はどうなる? Part1

延期されていた消費税の増税が2019年10月1日より施行される予定となりました。これから賃貸経営をお考えのみなさまに、どのような影響があるのか解説いたします。

記事を読む

あたりまえの法律・税金

賃貸経営の節税対策 Part1

相続税や所得税等を抑えることができますが、そのためには最新の税制をきちんと把握しておくことが大切です。今回はそんな賃貸経営の節税対策を特集します。

記事を読む