本文へジャンプ

グループホーム

福祉施設も土地活用の選択肢に

グループホーム西新井

知り合いの福祉関係の方から「有料老人ホームにしないか」という提案を受けたのがきっかけでした。手堅い土地活用をしたいと思っていたので福祉関係は魅力的だと思い、話を聞きました。しかしその時は鉄筋コンクリートの大規模な建物にする必要があり、計画を断念したんです。その後、地域に密着した医療と福祉を提供することで高い評価を得ている医療法人さんと出会い、地域のニーズと建物規模を考えてグループホームに決めたんです。近所の方にも喜ばれるようなグループホームができたのでとても嬉しく感じています。

写真: 外観

写真: リビングダイニング

広々として入居者同士の交流がはかれるリビングダイニング

写真: バス・トイレ

入居者に安心なバリアフリーのバス・トイレ

写真: 和室

入居者の好みに対応するため和室と洋室を設定

福祉のノウハウを活かした建物

居室は洋室・和室を半々に設け利用者の好みに対応できるようにしました。キッチンは大きなカウンターが設置され、利用者の方も一緒に食事の準備ができるよう、また、配膳などにも活用しやすいように配慮しています。トイレやバスルーム、手摺の位置など細かな所までノウハウを活かした設計です。

建築DATA

敷地面積 394m²
延床面積 432m²
土地 オーナー所有

建物

オーナー所有(オーダーリース)
運営主体 医療法人
設計・施工 ミサワホーム東京

図: 間取り図


ページ先頭へ