本文へジャンプ

グループホーム

「住まい」らしさの演出にこだわった設計提案

グループホーム「百合ケ丘」

「施設のイメージを出さないで欲しい」 運営者様からの最初のご要望でした。グループホームの開業にあたり、たくさんの事業所を見学され、住まいとしての「あたたかさ」や「本当に寛げる」スペースを提供できているグループホームが少ないことに疑問を感じていらっしゃったと運営者様。ミサワホームではその思いを実現できるよう、細部にわたって様々なデザイン提案を繰り返し、ご自宅の延長線上にある「住まい」としてのグループホームをつくりあげることができました。

写真: 外観

写真: リビングルーム

落ち着いたイメージを大切にしたリビングルーム
窓には障子を入れ、やわらかな光を取り込んでいる

写真: 玄関|門

地階エレベーター用の玄関(左)
地階エレベーター専用の門(右)

写真: 外観

都会的な印象のディテール

障子から差し込む、柔らかな外光

20帖の大きなリビングと12帖のダイニングスペースを中庭で仕切るようにして配置しました。暖かな時期には中庭にテーブルを出して食事もしていただけます。窓はすべて“障子”を採用し、オーク調の落ち着いたインテリアを柔らかな光が包み込んでいます。共用の和室も設け、利用者の方は思い思いのスペースでくつろぎの時をすごしていただくことが可能です。

また、前面道路との高低差が大きいため、地階から直接エレベーターで1・2階へ移動できるように、負担のない設計がなされています。

建築DATA

敷地面積 526m²
延床面積 499m²
土地・建物 民間事業者
運営主体 民間事業者
設計・施工 ミサワホーム東京

図: 間取り図


ページ先頭へ