本文へジャンプ

小規模多機能型居宅介護

新たな「地域密着型サービス」を、他の地域に先駆けてスタート

小規模多機能型介護「我孫子」

すでに介護付有料老人ホームを運営されている事業者さまが、介護保険制度改正にともない新サービスとして誕生した「小規模多機能型居宅介護施設」を、隣接敷地に開設されました。以前よりきめ細やかなサービスに定評があり、地域密着の運営にも取り組まれていただけに、新しい介護保険サービスもスムーズにスタートさせることができました。施設の特長の一つが、筋力トレーニング等の介護予防サービスの提供。いつまでも元気にご利用いただくために、介護予防室を設けられました。併設施設との連携もスムーズです。宿泊サービスは、和室や静養室のほかに、となりの有料老人ホーム居室もご利用いただけます。

写真: 外観

写真: 玄関ホール

ヘルパーステーションが迎える玄関ホール

写真: 居間・食堂

天窓からの光をたくさん取り込む居間・食堂

写真: 浴室

窓からは坪庭を見渡しながらゆったりと入ることのできる機能的な浴室

必要な機能を必要な場所に配置
生活のゆとり・愉しみもあります

新しい介護保険サービスでも安心してご利用いただくため、ご自身で納得がいくまで何度も何度も打合せを重ねられたそうです。その中から出てきた答えが、「必要な機能を必要な場所に配置」というコンセプトです。デイルームと介護予防室は隣接させることで、ケアスタッフはいつも効率的に、さまざまな方向に目を配ることができます。天窓から差し込む明るい日射しのおかげで、機能だけでなく、やさしさ・やわらかさといったイメージも演出することができました。

生活のゆとり・愉しみといった面も忘れていません。例えば、浴室にはお湯につかりながら眺めることができる坪庭があります。他の施設にはない、ワンランク上のリラックス空間をお届けします。

建築DATA

敷地面積 563m²
延床面積 256m²
土地 一般借地
建物 運営主体所有
運営主体 株式会社
施工 ミサワホーム東京

図: 間取り図


ページ先頭へ