本文へジャンプ

内科

童話がモチーフの外観 ミサワホームが機能性も両立

泉原リウマチ内科クリニック(リウマチ科・内科)

人の心を温かくする建物で、しかも機能的な医院を造りた い。そして奥様の夢であった「赤毛のアンの家」のような清楚な洋風煙突のある外観にしたいというのが芳川様の理想でした。「バリアフリー」「患者さまのプライバシー確保」「患者さまとスタッフのスムーズな動線」という以前の診療所でかかえていた問題点を解決することも大きな要望でした。

芳川医院では、上記の課題をクリアした上でさらに患者さま、スタッフに快適な空間を提供できるよう様々な工夫がなされています。玄関から続く明るい吹き抜けは、医院と言うより普通のお宅の玄関のような雰囲気で患者さまを和ませます。バリアフリーも完璧を目指し、道路から玄関までのスロープはもちろん、トイレは車椅子が付き添いの方と一緒に方向転換できる広さを確保しました。これらの結果、個人医院としては珍しい「京都府福祉の街づくり条例」の適合証を交付されました。

写真: 外観

グリーンゲイブルズをモチーフとした夢のある外観

写真: 待合室・受付

受付・待合室
カウンター下の棚は鞄置きスペース

写真: エントランスホール

エントランスホール
下駄箱は腰掛け兼用

写真: 診療室

診察室
エコーなどの機材の出し入れに支障のないスペースを確保

理想的な院内レイアウトで 各部屋が効果的に機能

プラセンタ療法を実施している芳川医院では、注射だけの患者さまも多く、スタッフは最短距離で移動でき、カルテもスムーズに流れるような動線が理想とされるため、受付を中心に診察室、問診室、処置室、X線室、検査室、待合室などを配置する院内のレイアウトを提案しました。

また意外に重宝されているのが感染予防室で、診察室からも玄関からも直接出入りできるように設置してあります。この部屋は、感染症の恐れがある患者さまだけでなく、予防接種に来院された方が待合室代わりに使用されたり、臨床心理士によるカウンセリングのための部屋としても使用されています。

建築DATA

敷地面積 268m²
延床面積 154m²
設計・施工 ミサワホーム近畿

図: 間取り図


ページ先頭へ