本文へジャンプ

歯科

ターゲットは20代・30代の女性 カフェのようなおしゃれな外観に

まつした歯科

これからも増えると予想される競合診療所との差別化を図ること、また治療だけでなく予防指導を中心とした診療スタイルが今後の歯科診療に求められることをまず念頭におきました。患者ターゲットは20代から30代の女性とし、その子供も併せて来院を促進できること。地域に根付いた地域の為の歯科医院を目指し、じっくり患者さまと向き合える診療所とすることを基本コンセプトに設計が進められました。

外観はおしゃれにカフェのような雰囲気です。駐車場も広く女性でも出入りしやすいように配慮しています。診療所内へは土足で入れ、靴の着脱のわずらわしさや、子供の靴のとり違え、スリッパの衛生上の問題などを解消しました。
待合室は歯科医院の雰囲気を出さないよう個別の椅子を配置し、パーソナルな空間を演出しています。

写真: 外観

正面は片流れ屋根がアクセントとなった、シンプルでモダンな外観

写真: 待合室

受付は間接照明で落ち着いた印象を演出

写真: 診察室

明るく、清潔な診察室

写真: 子供用の診察スペース

子供用の診察スペースは不安感を与えないように色彩を計画

患者さまへの配慮とアイデアを 随所に盛り込んで開業

患者さまとじっくり向き合って病状や治療法・費用などについてインフォームド・コンセントするために、診察室の手前にはカウンセリングルームも設けました。患者さまの回転 を考えると効率は悪くなりますが、信頼される歯科医院を実現するためには欠かせない空間です。

患者動線は建物中央とし、ユニットに座った患者さまが南側の日当たりの良い風景を感じてもらえるよう配慮しました。また天井高が3mと高く開放的で、間接照明もおしゃれにデザインされています。ユニット3台と子供用ベッドが1台配置されていますが、間隔をできるだけ広くとり圧迫感をなくしています。子供用ベッドには親が付き添えるスペースも充分に確保されています。ユニットの色は清潔感のある3種類で、患者さまに指示しやすいよう配慮しました。レントゲン室も小さなお子さまが不安にならないよう広く設計されています。

建築DATA

敷地面積 449m²
延床面積 139m²
設計・施工 ミサワホーム信越

図: 間取り図


ページ先頭へ