本文へジャンプ

その他

折衝・手続きはミサワホームが行い理想の医院構築に専念

佐野内科クリニック(透析クリニック)

地方都市は車を中心とした生活なので、ほとんどが戸建医院での開業となります。その場合、土地の手配から取り掛からねばならず、さらに行政や金融機関との折衝など、煩雑な作業が発生します。土地探しから地主さんとの定期借地権の交渉、農地転用の行政への手続き、さらに資金面での銀行との折衝や手続きなど、煩雑な作業はミサワホームが行い、その間の時間を有効に使い、佐野様は理想の医院構築に集中できました。

写真:外観

ホテル並みのクオリティを持った医院施設を実現

佐野様が理想としたのは「患者さまもスタッフもすべての人が居心地良く過ごせる」こと。
そのために自分の考えを方眼紙100枚以上の図面におこし、徹底的に話し合いました。まずこだわったのはメインである人口透析室です。ベッド間隔も広く部屋全体が明るくて、スタッフがすべてのベッドを見渡せるように柱がありません。この柱のない空間をつくるために、透析室は鉄骨で建てました。木のぬくもりも不可欠だと感じていたので、受付や診察室は木質で建てるという混構造建築です。さらに、天井を高くしてトップライトを設置する、中庭を設け開口部を多く取るなどの方法で、採光にもこだわりました。

透析室

勾配天井の開放感とスペースに余裕を持たせた透析室

建築DATA

敷地面積 1,893m²
延床面積 574m²
設計・施工 ミサワホーム静岡

  

診察室

診察室

図: 間取り図


ページ先頭へ