本文へジャンプ

ウォーターリビング

開放感を演出すると、リラックスがひろがります。

写真: ウォーターリビング

浴室をリフォームしたいと思うのは、「狭い」とか「古くなった」といった理由が多いようです。
しかし、せっかくリフォームするなら、浴室を広く新しくするだけでなく、心身ともに疲れを癒せる、リラックススペースを実現してみてはいかがでしょうか。ミサワホームイングでは、浴室から洗面室・トイレ、さらに屋外の庭までをひとつの空間と考えてリフォームする、「ウォーターリビング」をご提案しています。仕切りをガラスにして開放感を演出したり、浴室の外側の庭にくつろげるバスコートを設けたり。わが家でちょっとしたスパ気分、リゾート気分を満喫できるスペースが誕生します。

ウォーターリビングプランニング

ストレスまで洗い流せる、くつろぎスペースをつくりましょう。

浴室のリフォームは、洗面やトイレも一体で考えましょう。ただ広くするだけでなく、視覚的な広がりや、光と風の招き入れ方を工夫すると、いっそうリラックスできる空間に。
また、最新の設備が、さまざまな快適性、利便性をプラスしてくれます。

写真: ウォーターリビング

増築して浴室を広げ、バスコートもプラス

ひとまわり大きな浴槽で、ゆったり入浴を楽しめます。開放的なバスコートは、お風呂上りのリビング。さわやかな風の中でくつろげます。

イメージ: ウォーターリビング間取り図
北側のスペースに、1.25坪の浴室を増築。2面にワイドな開口部を設け、開放感を演出。
浴室の大きな開口は、隣地との関係を配慮。植栽や窓の高さ・ガラスを工夫しています。
ゆとりのトイレは手洗いカウンター付。将来にそなえ、十分なスペースを確保。
ゆっくり座って身支度できるパウダーコーナーを設置。あちこちに分散していた化粧品などを、ひとまとめに収納。
Reform Data
リフォーム面積 : 約14平米(うち増築面積 : 約4平米)
工事費用 : 約310万円(うちシステムバス : 約68万円)
写真: ウォーターリビング

バスコートまで一体化した開放的な空間に増築

日中は、デッキで洗濯物を干して、家事の合間にひと休み。帰りが遅くなったご主人の入浴タイムは、浴室とデッキでご家族との会話を楽しむ時間になります。

イメージ: ウォーターリビング間取り図
デッキの床材は、素足でも安全な「M-Wood2」がおすすめ。微粉化した素材を成型してつくられているため、とげやささくれが一切できません。
洗面とオープンなトイレをコーナーにまとめることで、ゆとりの家事・脱衣スペースを確保。
増築で1坪に広げた浴室は、視界も広がり開放感もたっぷり。ミストサウナで火照った体をデッキでひと休み、というぜいたくも。
Reform Data
リフォーム面積 : 約12平米(うち増築面積 : 約1.7平米)
工事費用 : 約280万円(うちシステムバス : 約54万円)
写真: ウォーターリビング

ページ先頭へ