本文へジャンプ

同居スタイル

家族それぞれの同居スタイルを見極めて、多世代が自然と交流できる豊かな暮らしを。

二世帯三世代住宅では、小さな子どもから高齢者まで幅広い世代が暮らしをともにするため、お互いの生活スタイルを尊重しつつ、必要に応じて世帯間・世代間で助け合えるようにしたいものです。そのためには、普段から自然な交流がもて、気取らずにくつろげる工夫がポイントになります。ミサワホームイングでは、豊富な経験とノウハウをもとに、慣れ親しんだ住まいの面影も残しつつ、住まう方すべてが快適に暮らせる住空間のご提案をいたします。

3つの同居スタイル

アイコン:完全同居

寝室を除くすべての空間を共有するスタイル。
人数の多い家族が一世帯で暮らしている感覚に近い住まい方です。
親世帯と子世帯がにぎやかに交流する中で、家族のしきたりなどが自然に伝えられていきます。

アイコン:ほどほど同居

親世帯、子世帯が生活時間帯を考慮し、必要に応じて玄関、浴室、キッチン、リビングなどを共有します。
世帯別に生活空間を分けるスタイルなので、つかず離れずの適度な距離で暮らせます。

アイコン:別々同居

一軒の中を、完全に区切って暮らすスタイルです。
「プライバシーを守ることが、お互いリラックスして暮らせる」という考え方の家族におすすめです。
区切り方は「上下分離」と「左右分離」があります。


快適に暮らせる空間づくりのポイント

アイコン:完全同居

二世帯・三世代同居になると必然的家族の数が増えます。しかし、二世帯になったからといって、世帯ごとに完全に別れて生活することに抵抗を感じる場合があると思います。 そんな時には、必要最低限の要所だけを別々にすることで、その問題は解消されます。
ポイントとしては、「寝室」と「トイレ」の位置関係が挙げられます。

写真:内装のイメージ
アイコン:ほどほど同居

世帯別に生活空間を完全に分けてしまうのも、また、完全に同居することにも一長一短はあります。 そんな時には、家族構成とライフスタイルによって、共有スペースを選択することをお勧めします。
どの部分を共有するかは、様々なパターンがありますが、両世帯で「リビング」の役割を考えることが重要になります。

写真:内装のイメージ
アイコン:別々同居

それぞれの世帯のプライバシーを守る事で、多世代の同居がスムーズにいくことがあります。自分の生活に干渉されたくないのは子世帯も親世帯も同じです。
そんな時には、一軒の中を、完全に区切って暮らすスタイルがお勧めです。必要最低限の要所だけを共有します。その際のポイントとしては、「玄関」が挙げられます。

写真:外観のイメージ

ページ先頭へ