本文へジャンプ

床暖房のデザイン性

豊富な素材やカラーがあるから、室内のイメージは思いのまま。

床暖房の仕上げ材といえば、フローリングというイメージが強いようですが、実際にはコルクやタイル、畳など、素材やカラーが選べるタイプもあります。水廻りに対応するタイプや遮音性の高いタイプもあるので、用途に合わせて、最適なものを選びましょう。

写真: フローリング仕上げ
フローリング仕上げ

天然木をベースに作られるので足触りが心地よく、最も人気のタイプです。木質やカラーなど、バリエーションが豊富なのも魅力。ダニの繁殖やホコリの舞い上げを極力抑えられるので、生活の中心となるリビングやダイニングに最適です。

コルク仕上げ

静音効果と適度なクッション性があるコルク材は、元気に駆け回るお子さまのお部屋にピッタリ。表面が濡れても滑りにくいという特性があるので、トイレや脱衣室といったサニタリーにもおすすめです。

写真: コルク仕上げ
写真: タイル仕上げ
タイル仕上げ

水ハネや汚れ、キズに強く、お手入れしやすい床材です。天然石をイメージさせる美しいデザインが魅力。インテリアを楽しみたい方におすすめです。熱伝導性や蓄熱性に優れているのも、特長の一つです。

カーペット仕上げ

やさしい肌触りが人気のカーペット。耐衝撃性に優れ、カラーバリエーションも豊富です。お部屋の広さやインテリアに合わせて自由に選べるのが魅力。抗菌・防臭などの機能も充実しています。

写真: カーペット仕上げ
写真: 畳仕上げ
畳仕上げ

床に直接座る和室だからこそ、床暖房の魅力を十分に体感していただけるはず。通常の畳は断熱性が高く床暖房に適しませんが、専用に開発された熱伝導率の高い畳なので、暖かさは他の仕上げ材と同様です。

塩ビシート仕上げ

撥水効果が高く、水や油、薬品などにも強い塩ビシートは、水ハネの多いキッチンや水廻りスペースにおすすめ。お手入れも簡単です。フローリングやコルク柄などもあり、オープンなLDK空間にも最適です。

写真: 塩ビシート仕上げ

ページ先頭へ