本文へジャンプ

北面道路アプローチプラン

アプローチをあえて広めに、風格のある佇まいを演出。

イメージ: 北面道路アプローチプラン 長めのアプローチは歩くリズム、視線の向きなどが単調にならないようなデザインを。 駐車スペースから玄関に直接行けるルートをつくっておくと便利です。 縦に2台駐車できる駐車スペース。急な来客にも安心です。
アプローチは、スペースをいっぱいに使って、ゆったりとした空間を確保。通常、アプローチは最短距離を結ぶようコンパクトにデザインすることが多いですが、ここを意図的に広く取ることで、風格のある佇まいを演出することができます。植栽も、花や実がなる植物、香り、葉ずれの音・新緑や紅葉の美しい葉などを選ぶと、心地よく五感が刺激されます。加齢配慮として手摺を設置したり、ベンチなどを荷物台を兼ねて、玄関前やアプローチ周辺に配置しておくのもよいでしょう。駐車スペースは縦列で2台分を確保しています。
加齢に配慮したアプローチ

ご高齢の方がいる住まいではアプローチにも特別な配慮が必要になります。自立して歩ける場合でもできるだけ楽なステップにした方が安全です。つまずきやすい段差は特に注意が必要。素材の色を変えたり、照明の設置も有効です。

イメージ: 加齢に配慮したアプローチ


ページ先頭へ
なるほど!アイディア
照明は光源が目に入らないよう床面を照らすように配置段差の部分は素材の色などを変えて見やすく床面は凸凹がなく、それでいて滑りにくく(舗装用のブロックや御影石の平板のバナー仕上げ、石の乱貼りの場合は目地の高さを揃えてフラットにするなど)