本文へジャンプ

快適収納

片付かない。その理由は、あなたの家にあります。

広びろとしたリビングに憧れていたのに、いつも家族のモノでゴチャゴチャ、
ゆったりくつろげる場所もない。収納家具や棚を置いてモノを片づけても、
いつの間にか元通り…。片づかない理由は、単に収納が足りないせいだと
思い違いをしている方が多いようです。
いちばんの理由は、「片づけるのが面倒な家」だから。
片づけるのがラクになると、自然と住まいはきれいになります。
もう一度、わが家の収納計画を見直してみませんか。

ストレスなく、ラクに片付けられる収納計画が大切です。

ポイント1 簡単な動作・ラクな姿勢で、片付けられること。
ポイント2 使う場所や動線上に、収納を設けましょう。
ポイント3 収納は使うモノの大きさに合わせましょう。
ポイント4 どこに何があるか、ひと目で分かるように。
写真: 快適収納

空間をいつも美しく保てる収納を心がけましょう。

ポイント1 収納の絶対量不足を解消しましょう。
ポイント2 インテリアとコーディネイトしましょう。
ポイント3 好きなモノは、あえて見せる収納に。
ポイント4 空間に凹凸をつくらないこと。
写真: 快適収納

選べる3つのスタイルで、あなただけのオリジナル収納をデザインします。

「見せる収納で、自分スタイルを演出」
お気に入りのコレクションや小物は、
飾って見せるスペースをつくりましょう。
キッチン用品などもよく使うモノは、
すぐに取り出せ、すぐにしまえるように、
飾る感覚の「見せる収納」が便利です。 写真: 見せる収納
写真: 隠す収納
「隠す収納で、空間を美しく見せる」
掃除機やミシン、薬箱など、さっと取り出したいが
お客さまにはあまり見せたくないモノは、
扉のある収納がベスト。
壁面と一体化した「隠す収納」にすれば、
空間はいつも美しいままです。
「しまう収納で、モノをとっておく」
ふだん使わない実用品や季節モノ、
大きくてかさばるモノなどは
集中収納のスペースにしまえば、
いつも部屋を広びろと使えます。
思い出の品なども
「しまう収納」で大切にとっておけます。 写真: しまう収納

ページ先頭へ
とにかく収納場所がなさすぎる… とにかく収納場所がなさすぎる… 洋服をつい椅子にかけてしまう… 洋服をつい椅子にかけてしまう… なかなかモノが捨てられない… なかなかモノが捨てられない… なんだかモノがしまいにくい… なんだかモノがしまいにくい… 探しているモノが見つからない… 探しているモノが見つからない…