建築実例

"床座"でくつろぐ、新・数寄屋の家

  • デザイナーズ住宅
  • 和を楽しむ家
  • 平屋
  • 木質・工業化
  • 静岡県
検索ページへ戻る >

静岡県 Kさま邸

所在地
静岡県
家族構成
ご夫婦
敷地面積
823m²
延床面積
131m²(1階 131m²)
建ぺい率
20%
容積率
15%

[静岡県 Kさま邸]


数寄屋門から玄関へと続く、白砂に配した飛び石。心が凛とする空間です。

本格的な和の邸宅を求められたKさま。そのご希望を十二分にかなえながら、海沿いの景勝地という絶好の環境にとけ込む住まいを実現しました。 数寄屋をイメージした室内は、床をフローリングにするなど「洋」のスタイルを取り入れ、現代に息づく「SUKIYA」の雰囲気に仕上げています。 また、敷地内の池を通る水路をつくり、数寄屋門から玄関までのアプローチに石橋を設けるなど、和の趣を演出。さらに既存の樹木を活かしたプランニングで、自然との共生も楽しめるよう配慮しました。


豊かな植栽と水の流れに迎えられて玄関へ。おもてなしの心に満ちています。

人の心を和ませる和の意匠

訪れる人を心から出迎え、お送りするために、門から玄関への空間に「おもてなしの心」を込めました。住まいの正面に設けたのは"数寄屋門"。その棟瓦をしつらえた屋根は重厚感があり、庇の陰影と白い壁が品格の高さを物語っています。また、玄関に入ると印象的なのが、日本建築の伝統に則った「縁無し畳」。端正な美しさとともに柔らかな印象をかもし出しています。


畳を敷き詰めた玄関ホールには和やかな雰囲気が漂います。床の間風の飾り棚もアクセントに。

くつろぎが広がる"床座"スタイル

「来客が多い」というKさまに最適なのが、床に座卓などの低いテーブルを置いて食事をしたり寛いだりする"床座"のスタイル。約20畳の広さと3.4mの勾配天井という、ゆとりあるリビング・ダイニングで、Kさまはそのメリットをフルに活かされています。ダイニングにもテーブルではなく"堀座卓"を設け、食事もここでゆったり楽しまれています。


床に座ってくつろぐスタイルが心地よい。数寄屋を現代風にアレンジした空間です。

所在地 静岡県
家族構成 ご夫婦
敷地面積 823m²
建築面積 165m²
延床面積 131m²(1階 131m²)
建ぺい率 20%
容積率 15%


堀座卓のあるダイニング・キッチン。和紙のペンダントライトが美しく調和しています。


リビングにつながる広縁。庭の池を眺める、憩いのスペースです。

クリップリスト

あなたのお気に入りの「商品」「実例」「コンテンツ」を保存・編集できます。