室内写真

老朽化した設備の刷新と、隣家に囲まれ薄暗かった室内に光と風を呼び戻すため、柱と壁のみ残して、まるごとリフォームしました。各所にあった段差はなくし、1・2階ともに開放的で使い勝手のよいワンルームに変更。開口量は、以前とほぼ同じながら光がたっぷりと入ります。収納は、物の詰め込みや増加を防ぐため、2階には中身を一望できるウォークインクローゼットを設え、キッチンの造作カウンターの下にはゴミ箱や小物を収めるなど各室ごとにコンパクトにまとめました。これにより、D様のご要望でもあった「すっきり広々」とした暮らしを実現できます。また、周囲の環境を読み解き、風の流れを積極的に取り込むことで室内環境も改善。装いも新たに心地よさを増した「わが家」が完成しました。 1階DK。四方を建物や塀に囲まれ薄暗かった1階は、ライトブラウンと白を基調としたインテリアでまとめた。シンク上部の壁は、将来、食器や調理器具が増えた場合、プルダウン式中吊戸棚を設置できるよう下地を組んで仕上げている。

おススメのアイコンこちらの実例もご覧下さい

関連のアイコン関連する記事を見る

ローディング
閉じる
クリップリスト