室内写真

分かれていたトイレと洗面・浴室を、ひとつながりのバリアフリー空間に変えました。廊下との段差は解消して、入り口からトイレ、洗面室、浴室へと車椅子での移動も可能な計画としています。浴槽のすぐ脇には、ワイドミラーと充実した収納を備えた本格的なパウダースペースを完備。ドライエリアを保つため、ガラスのパーティションで水仕舞いをしているから実現できた空間です。またガラスで間仕切ったことで、開放感はそのままに個室感はキープ。浴室に設けた高窓からは、光もたっぷりと入ります。隣家からの視線をカットしつつ、従来の薄暗さが払拭された癒しの空間です。 浴室にはテレビを設置。バスタイムの楽しみが増えた。ドレッサーの背面には、壁の凹みを活かしてタオルや着替えをストックする造作家具を設置し、パウダールームとしての機能を充実。

おススメのアイコンこちらの実例もご覧下さい

関連のアイコン関連する記事を見る

ローディング
閉じる
クリップリスト