構造・工法:
木質系パネル
用途:
住宅

コンセプト

アットホームでない家

建築概要

基本的な空間構成としてLDKに配置された階段部分全体をコア・ヴォイドとして位置づけ、上階の個室群はここを介して連続.
各空間の連続性を高めた構成を意識しているが、コア・ヴォイドが適度な意識境界領域となり気配を感じる程度の関係性が生まれるように意識した.
内部空間でありながら内外の関係性をファジーなものとすることで空間に広がりをあたえ閉鎖性を排除したコア・ヴォイドが構築できた.

よく一緒に見られているミサワデザイナーズの建築実例

クリップリスト

あなたのお気に入りの「商品」「実例」 「コンテンツ」を保存・編集できます。