室内写真

「現況よりも間取りと機能をよくしたい」というのが、オーナーさまのご要望でした。そこで、リフォーム前は一体型のユニットだった浴槽・洗面・トイレを、別々に使えるように間取りを変更しました。
「透ける」「兼ねる」をキーワードに、限られた空間と既存の家具を有効活用。部屋と水廻りを格子戸で分けながら、視覚的な広がりを感じられるように工夫しました。
また窓は二重サッシとし、遮音性を向上させています。

BEFORE

BEFORE

おススメのアイコンこちらの実例もご覧下さい

関連のアイコン関連する記事を見る

ローディング
閉じる
クリップリスト