本文へジャンプ

防犯アイテム

効果のある防犯リフォームを。

お住まいそれぞれのニーズに合わせて自由に組み合わせいただける、
防犯アイテムを豊富にご用意しました。
リフォームで侵入経路となる外部ドアと窓を中心に、
「見える」「守る」「知らせる」装備をかため、
“防犯意識の高い住まい”をアピールしましょう。

イメージ: モデルプラン(延床面積約30坪 総2階建)

玄関・勝手口

2カ所または3カ所ロックが基本。さまざまな侵入手口に対抗できる錠を選んで。CPマークも目安になります。

写真: 鍵の交換
鍵の専門家が選んだ、ピッキング等に強い鍵に交換
写真: リモコン電子補助錠
外側から鍵の存在がさとられず安心な補助錠
写真: 指紋認識電子補助錠
自分の指が鍵となる電子錠。締め忘れの心配がないオートロック機能付
写真: 録画機能付TVドアホン
録画機能付きなので、留守中の不審来訪者も見逃しません
写真: センサー付ポーチ灯
夜間、人が近づくと点灯する人感センサー付の照明が、不審者を威嚇
写真: 防犯ドア交換(玄関・勝手口)
防犯性の高い頑丈なドア、安全性の高い2ロックタイプに交換

窓

まず壊れにくいガラスにすること。侵入の手間と時間をかけさせるシャッターや面格子も、防犯意識のアピールに。

写真: 防犯フィルム
既存のガラスを活かし、表面に貼ることで、防犯性がアップします
写真: 後付手動シャッター
こじ開け防止レールと2重のインターロックを採用した防犯タイプ
写真: 防犯ガラス
1.52mmの中間膜を挟んだ合わせガラス。打破りにも効果を発揮
写真: 外部面格子
侵入に手間がかかり、見た目にも頑丈な印象を与え、狙われにくくします
写真: 防犯断熱真空ガラス
防犯性と断熱性の両方を、高水準で兼ね備えた合わせガラスです
写真: 室内面格子
外側に面格子を付けられない窓への、防犯対策に最適です

外溝

塀や門扉など住まいへの侵入経路をガード。外側から防犯意識の高さを示し「狙いにくい家」と思わせましょう。

写真: 掘乗り越え検知システム
検知ユニットが赤外線で乗り越え侵入をキャッチ。アラームで知らせるとともに、侵入者を威嚇します

セキュリティーシステム

万一侵入された場合に備え、異常時にブザーなどで威嚇、その事実を一刻も早く通報するシステムを。

イメージ: ホームセキュリティーサービス
365日、24時間の安心をご家庭に。最新のセキュリティシステムが見守り、侵入・火災・緊急時など、万一の場合に、訓練を受けたガードマンが駆けつけます

CPマーク CPマークは、Crime Prevention(防犯)の頭文字をシンボル化したもの。
防犯性能試験の結果「防犯性の高い建物部品目録」に掲載・公表された部品のみに使用が認められます。


ページ先頭へ