本文へジャンプ
MISAWA
ホーム お近くのMISAWA カタログ請求 お問い合わせ
次世代耐震リフォーム「エムジオ」 MGEO-R
01 MGEO-Rについて
■ 次世代耐震リフォームMGEO-R
02 MGEO-Rのテクノロジー
■ 在来木造リフォーム用「制震装置」
■ 最先端技術「高減衰ゴム」
03 「耐震」+「制震」リフォームの流れ
03 快適リフォーム
トップに戻る
ミサワホーム戸建て商品用MGEO
木質系MGEO
鉄骨系MGEO
01
MGEO-Rについて
耐震補強に、「制震装置」をプラス。
在来木造用の次世代耐震フォーム「MGEO-R」
ミサワホームの最新テクノロジーから生まれた、 次世代耐震リフォーム「MGEO-R」。
次世代耐震リフォーム「MGEO-R」の開発のベースとなったのが、「耐震構造」に「制震装置」をプラスしたミサワホームの次世代耐震構造「MGEO」です。実際のミサワホームの戸建住宅を用いて「MGEO」の実大振動実験を実施。結果は、阪神・淡路大震災の2倍レベルなど13回の想定大地震を含む、4日間で計39回の振動実験にも構造体の損傷ゼロ。究極の強さを実証しました。
そして今回、「MGEO」と同様に明治大学と共同で、繰り返し実験を実施。地盤、敷地条件に幅広く対応でき、多雪地域でも施工が可能。台風時の風揺れはもちろん、度重なる大きな余震にも繰り返し対応できる、次世代耐震リフォーム「MGEO-R」が誕生しました。
MGEO-Rの「制振装置」性能確認実験

MGEO-Rの「制振装置」性能確認実験

「耐震」+「制震」のMGEOは、「日本の家から、地震の不安をなくしたい」という考えのもとに誕生しました。
甚大な被害をもたらした1995年の阪神・淡路大震災では、6000人以上の尊い命が奪われました。そのなかの約8割が窒息死か圧死によるもの※。住まいがもっと安全な場所であれば、もっと多くの命が守られていたのです。日本の住宅の大部分を占める、一般的な在来木造住宅。大地震が起きても、住み慣れたわが家で安心して暮らせるリフォーム技術はないだろうか。そのような思いからミサワホームイングが開発したのが、「耐震補強工事」に揺れを抑える「制震装置」をプラスした在来木造リフォーム用「MGEO-R」です。必要に応じた耐震補強で、震度6以上の揺れに対抗する基本的な耐震性能を確保し、新開発の「制震装置」を設置。予期せぬ大地震に対し、ご家族の安全はもちろんのこと、お住まいもしっかり守ります。※内閣府「防災白書」
大地震や大余震、台風・暴風まで、 繰り返し効果を発揮。
地震の脅威は一度だけとは限りません。大地震が発生した後も、ほぼ同規模の大きな余震がたて続けに襲ってくるケースも多く見られます。「MGEO-R」は地震の揺れに対し、繰り返し効果を持続できるすぐれた耐久性と耐候性を備えているので安心です。さらに、中小地震はもちろん、大型台風や暴風に対しても高い減衰効果を発揮します。
■制震装置の設置例
■制震装置の設置例
建物の振れ幅を最大1/2に軽減。 震災後の補修費を最小限に抑えます。
強さの秘密は「制震装置」に組み込まれた「高減衰ゴム」にあります。建物に地震の力がかかると、「高減衰ゴム」が伸縮しながら、地震のエネルギーを熱エネルギーに変換。地震の力をしなやかに吸収します。ミサワホームイングでは「MGEO-R」の強さを実証するため、新耐震設計基準以前に建てられた在来木造住宅(1階床面積52m²・2階総床面積104m²)をモデルとして性能を試算しました。その結果、耐震補強をしたうえで「制震装置」を設置すると、リフォーム前に比べて約3倍もの耐力を獲得できることがわかりました。一般的な在来木造住宅の場合だと、1階上部の振れ幅を最大1/2に軽減できる強さを発揮します。建物自体の揺れも早く収まるため、建物の損傷が少なくてすみ、震災後にかかってくるさまざまな建物の補修費を最小限に抑えることができます。 次世代耐震リフォーム「MGEO-R」

 

■大地震時の損傷を軽減
最先端技術で小型化・軽量化。 さまざまな地盤や立地条件に幅広く対応します。
一つひとつの家が異なるように、立地条件もさまざまです。また更地に建てる新築住宅とは異なり、既存の住宅におけるリフォームは、施工条件に制約があるものも数多くあります。そこで施工性を高めるため、「制震装置」の小型化・軽量化を実現しました。センターパネルとサイドパネルにアルミを使用することで軽量化を図り、狭小の建築現場への持ち運びを容易にしました。これらにより都市部などでの住宅密集地における施工も可能になりました。また、さまざまな寸法で造られている既存の住宅に対応できるよう、取付け時に調整可能な仕様にしています。より多くのご家族に大きな安心をお届けします。 MGEO-R
経験豊富なリフォームエンジニアによる 責任施工管理。
お客さまのご相談を承るのは、経験豊富なリフォームエンジニアです。まずミサワホームイングの耐震診断技術者がお住まいの耐震診断を行い、耐震診断の結果をご報告。耐震診断書をもとに適切な耐震設計を行います。そして、専門的な知識と確かな技術を備えたリフォームエンジニアがお客さまのリフォームのご要望をお伺いした上で、プロならではの視点を加えて最適なプランをご提案します。そのほか、リフォームに関わる資金のご相談や工事後のアフターサービスにいたるまで、トータルにお客さまをサポート。全国的なネットワークで、信頼にお応えできる万全の体制を整えています。
■住まいの構造をよく知ること。それが、地震対策の第一歩です。
ページトップへ
Copyright © MISAWA HOMES CO., LTD. All Rights Reserved.