MISAWA

子どもたちのみたいのために HEARTH Heart&Earth Design

親子のふれあいやご家族のつながりを深め、末永く安心して暮らせる、
Heartを大切にする住まいであること。
自然を感じながら心地よく暮らせて、地球環境に貢献できる、
Earthを大切にする住まいであること。
ミサワホームが目指しているのは、Heart(心、思いやり)と、Earth(地球)がひとつになった
"Heart&Earth=HEARTH"の住まいづくりです。
子どもたちの未来を、より美しく、より豊かな世界にするため、
私たちは住まいに人と地球への思いやりをデザイン。
ミサワホームグループでは「HEARTH」をCSR推進活動のテーマとし、
SDGsの目標達成に貢献できるよう、さまざまな活動に取り組んでいます。

HEART 深く信頼されるミサワホームをめざして EARTH 地球にやさしいミサワホームをめざして

子どもたちの未来のために

ミサワホームが創立以来掲げているスローガン「住まいを通じて生涯のおつきあい」。
「生涯」において多様な変化や住まいを超えた環境への配慮が求められる、人生100年時代に、
時代変化に対応し持続的な成長ができる商品・技術開発を続けてきました。

そんな中、2015年、国連サミットにてSDGsと呼ばれる持続的な世界を実現するための17の目標が採択されました。
ミサワホームもこの共通目標に向けて、いままで培ってきた技術やノウハウを活かし、貢献していきます。

SDGsとは

持続可能な開発目標(SDGs)とは、
2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された
「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。
17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。
SDGsは発展途上国のみならず、
先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

私たちミサワホームグループは「住まいを通じて生涯のおつきあい」という精神のもと、
住まい・まちづくりはもとより、企業活動全般において持続可能な社会の構築を目指し、
7つのサステナブル活動を通して国連の推進するSDGsの達成に貢献できるよう努めてまいります。

低炭素で循環型の住まいづくり・まちづくり

脱炭素社会の実現に向けてハウスメーカーの役割は大きいと考えています。自然の力を有効利用した省エネ・創エネ技術を開発し、ライフサイクルCO2マイナスの住まいづくりを推進します。

SDGsとの関連

少子高齢化社会を支える取り組み

家事や子育て、介護負担を軽減する住宅・サービスの提供により、子育て離職ゼロ・介護離職ゼロの社会を目指します。

SDGsとの関連

生物多様性保全への取組み

森林認証を受けた木材の調達や外構・造園における植栽の提案、ミサワホームの森における植林活動などを通じて生物多様性の保全に取り組みます。

SDGsとの関連

木材調達ガイドライン

ミサワホームは、森林資源の恩恵を受けている企業として、木材調達ガイドラインを定め、木材の責任ある調達を行っています。

M-Wood2

「M-Wood2」は廃木材と、廃プラスチックを再利用。「M-Wood2」そのものも再びリサイクル処理を繰り返すことができます。

庭造り

私たちの暮らしは、多様な生きものが関わり合う生態系から得られる恩恵によって支えられています。ミサワホームは植栽提案の取り組みを通して生物多様性の保全に取り組んでいます。

ボルネオ生物多様性保全

ミサワホームグループは、寄付金型自動販売機の売上げの一部を、生物多様性の宝庫であるボルネオの生態系保全活動に寄付しています。

ミサワホームの森保全活動

ミサワホームグループは、2014年に「ミサワホームの森松本」を開設し、環境保全活動をに取組んでいます。

働く環境の整備と働き方改革の推進

さまざまな変化に対応しながら持続可能な成長を図るために、すべての社員がいつでも・どこでも・いきいきと働くことができる環境整備や働き方改革を積極的に進め、従業員満足度や生産性の向上を図ります。

SDGsとの関連

健康経営(ホワイト500)

ミサワホームは、健康経営に積極的に取り組み 健康経営優良法人2021」の大規模法人部門(通称「ホワイト500」)に3年連続で認定されました。

働き方改革

ミサワホームは、社員が子育て・介護と仕事を両立していきいきと働けるよう、さまざまな支援制度・休暇制度を導入しています。

人財育成・キャリア支援・女性活躍

未来を支える人財育成のために、「ミサワ・インクルージョン」を策定。人材交流の活性化や複線的キャリア形成の促進、人財育成体系の再構築を行っています。

地域社会とのコミュニケーション

地域・科学・文化・教育などの振興活動、環境保全活動、多発する大規模自然災害の復興支援など、地域社会とのコミュニケーションに積極的に取り組みます。

SDGsとの関連

南極に係わる活動

ミサワホームは、1975年の第17次南極地域観測隊から延べ23名のミサワホームグループ社員を国立極地研究所に出向させ、設営系隊員として派遣しています。

環境保全活動

ミサワホームグループは、2014年に「ミサワホームの森松本」を開設し、森林保全活動をに取組むと共に、2018年には「ミサワホームの森 勝浦」も開設し、海岸清掃活動にも取り組んでいます。

災害被災地支援活動

ミサワホームはグループ一丸となって災害被災地支援活動を行っています。また、グループ会社及び社員を対象にHERATH募金を実施し被災された方への義援金として寄付しています。

文化振興活動

ミサワホームでは1989年からバウハウス関連の作品収集を始め、1996年に日本で唯一のバウハウス専門美術館「ミサワバウハウスコレクション」を開設しました。

  • ミサワホーム「4つの育む」
  • 住まいを通じて生涯のおつきあい[ミサワホーム]