ログイン / 会員登録

#建築実例

吹き抜けから光を明るく採り入れたLDK 重厚な上質感と開放感を兼ね備えた平屋の家

[愛媛県 Tさま邸] ご高齢のお母さまが住むご実家に隣接する形で、平屋のお住まいを建てられたTさまご夫妻。LDKに入ると南北に長く伸びる大空間の壁一面を外壁と同じ味わいあるタイル壁で演出した重厚感のあるインテリアが印象的。北側のダイニングは吹き抜けの勾配天井になっていて、リビングとの高低差がワイドなLDKにメリハリを生んでいます。吹き抜けの南側に設けた高い窓から光がふんだんに差し込み、明るさも心地よさも申し分ないとのこと。 「海釣りが趣味の夫は料理も得意なので、キッチンは夫の背丈に合わせてもらいました」と奥さま。ダイニングの続きには書斎スペースがあり、扉を閉じると個室になるのでおこもり感も得られます。Tさまはテレワークやリモート会議に活用し、英語講師の奥さまは授業の準備に使われているそうです。 一方、リビングの天井はダークな板張りに。アンティークな家具や味わい深いカシミール絨毯と調和して、クラシックな落ち着きが漂います。リビングの大きなサッシの向こうには中庭のようなテラスを介してお母さまのお住まいがあり、気軽に行き来できます。奥さまが教える英語教室は、寝室に面した長い廊下の先に設けました。「離れのような感覚で使えるので、リビングで夫がくつろいでいても気兼ねなくレッスンできるのがいいですね」と奥さま。生徒さんたちもイタリアン家具や素敵な調度品で彩られたサロン風の教室に通うのを楽しみにされているそう。「憧れていた通りの暮らしができて大満足です」とご夫妻に笑顔が広がりました。

2022.04.28
#建築実例 #平屋 #吹き抜け
ニューノーマル時代に対応したアイデアが満載 大開口&高天井の開放感あふれる住まい

[埼玉県 熊谷展示場] 熊谷展示場のモデルハウス「CENTURY Primore(センチュリープリモア)」は、ニューノーマル時代をポジティブにとらえ、長くなる在宅時間を快適に過ごす工夫を凝らした住まい。4層からなるスキップフロアの空間づくりで、上下階にいる家族が思い思いに過ごしながらも程よくつながる暮らしを実現しています くつろぎのLDKは三面に大開口が連続し、約3mの高天井と相まってひときわ開放感を生み出しています。中央に配置された電気水蒸気式の暖炉で、身も心もほっこりと温まりそう。キッチンは家族みんなで料理が楽しめるⅡ型のオープンスタイル。しかもスイッチワークスペース付きだから、家事と仕事の両立もスムーズです。さらにリビングとゆるやかにつながる学びの場「ホームコモンズ」もあり、在宅ワークはもちろん、お子さまのリモート授業や自宅学習にも活躍します。 個室にこもって仕事に集中したいときは2階のワークスペースへ。隣接するフィットネスルームでステイホームの運動不足が解消できるのもうれしい配慮。高い壁一面の本棚&大階段を活用したホーム図書館や、備蓄や防災用品の収納に使える大収納空間「蔵」もあり、家時間がぐんと充実しそうです。すぐれた性能面も見逃せません。南極・昭和基地の建物建築で培った技術を活かした120mm厚木質パネル「センチュリーモノコック」構法や、制震装置「MGEO」による高耐震・高耐久の住まいだから安心。次世代の省エネ基準であるZEH基準を優にクリアする断熱性能が快適エコの豊かな暮らしをもたらします。

2022.03.30
#建築実例
高天井のリビングで家族のふれあいを育む 伸びやかな子育てと美しい生活を両立させた家

[愛媛県 Cさま邸] 3人のお子さまを育てながら、生活感の漂わない美しい暮らしを実現されたCさまご夫妻。天井高約3mの伸びやかなリビングは高い窓からも光が差し込み、明るさも心地よさも満点。ウォールナットの板張り天井が外の深い軒天と連続し、内と外の一体感を生み出しています。リビングの一角に収めたピアノもシックなインテリアにマッチ。お誕生日にはピアノ演奏に合わせてみんなでバースデーソングを歌い、ホームパーティーを楽しまれるそうです。 お子さまたちは個室にこもらず、ダイニングとつながる小部屋や窓辺のカウンターで勉強。「キッチンにいながら子どもの様子を見守れるのがいいですね」と奥さまは語ります。常にすっきりと片づいた暮らしの秘密は、シューズクロゼットのファミリーロッカーにありました。ご家族それぞれの持ち物を個別にしまえる棚を設けて、自分の持ち物は自分で収納。スポーツや習い事の道具もここにしまっています。「帰宅後は脱いだ上着をハンガーパイプに掛けて、ランドセルやカバンを置いてからリビングに入るので、くつろぎの場が散らかりません。子どもたちに自立心が芽生え、自分でお片づけをする習慣が自然に身につきました」と笑顔のCさま。 共働きでお忙しいご夫妻は、洗濯家事の効率もアップ。室内干しのできる乾燥機付きのランドリールームを設けて、夜間に洗濯物を乾かせるようにしています。「片づけも家事もラクだから、子育てにもゆとりがうまれました。住んで2年経ちますが、何ひとつ不満がありません」とCさまの顔がほころびました。

2022.02.25
#建築実例
庭とつながるLDKでリゾート感ある暮らしを 海と富士山を望む丘に自然と調和して佇む邸宅

[神奈川県 Tさま邸] 海を望む風光明媚な丘の上に、スケール感あるスクエアなゲート壁が気品高く映えるTさま邸。3m超の天井がゆとりを生むLDKには東西に風情の異なる庭があり、両サイドに視線が抜けます。 西側のフルオープンサッシを全開すると広縁のようなウッドデッキとひと続きになり、開放感もひとしお。芝生の庭の向こうに江ノ島や富士山が絵のように美しい姿を見せています。一方、キッチンの背面にある東側の窓から広がるのは樹木が主役の庭。窓辺のカウンターは奥さまのテレワークスペースで、「仕事の合間に顔を上げ、緑を眺めて癒やされています」とのこと。南北に長く延びる住空間は、どこにいてもご家族の気配が伝わり、刻々と移り変わる自然を感じることができるよう、セミオープンの構成になっています。リビングの後ろに設けた書斎スペースは、別空間の落ち着きがあり、「オンライン会議に重宝しています」とTさま。スポーツ好きのご一家は、書斎から続くジムスペースでエクササイズ。ご夫妻の寝室は書斎の後ろにあり、洗面・浴室ともつながっているので、生活動線もスムーズです。「1階で生活が完結するので、平屋感覚で暮らせて快適ですね」とTさまは語ります。自宅にいながらリゾート感に満ちた暮らしが満喫できるお住まいにご夫妻は大満足のご様子。「海の色、空の色、富士山など、自然の景観は一日中眺めていても見飽きることがありません。それに、家族が一緒に遊べる場所がたくさんあるから、自宅で過ごす時間が楽しくて。いつも幸せだなと思わせてくれる家ですね」と奥さまの笑顔がはじけました。

2022.01.31
#建築実例
自然な交流を楽しみ、それぞれの居場所も確保 都市で開放的に暮らす「蔵」のある二世帯住宅

[東京都 石神井展示場] せっかく一つ屋根の下に住むのだから自然に楽しく交流したいけれど、それぞれが気兼ねなく過ごせる居場所もほしい...。そんな理想的な二世帯住宅づくりの参考になるのが東京・石神井展示場の「GENIUS蔵のある家」3階建です。注目は半階ごとにフロアが広がるスキップフロア設計でゆとりを生み出した空間プラン。タテにもヨコにも広がりが感じられ、二世帯の家族が都市で伸び伸びと暮らせる工夫に満ちています。 1階・親世帯のリビングは、大収納空間「蔵」※を活かした天井高約3・5mの開放感あふれる空間。フルオープンサッシを全開にすると庭のウッドデッキとも一体につながります。玄関ホールから和室の前まで続く土間サロンも見どころです。縁側感覚で気軽に立ち寄ってもらえるから、ご近所さんとの楽しいコミュニケーションの場にもなりそう。 一方、子世帯は2階に26畳大のLDKを設け、リビングドアの両サイドをガラス壁にして視線の広がりを演出。壁面にソファがわりになるベンチ収納を造り付けて床面の広さを感じる空間に。リビングとつながるバルコニーは空中ガーデンのよう。さらに主寝室や洗面・浴室を配置した3階にもワイドなバルコニーがあり、外からの視線を気にせず、光や風と戯れる暮らしが満喫できます。ニューノーマルのライフスタイルにも対応。ガラス越しに親世帯のLDKが見下ろせる階段踊り場のカウンターやキッチンから続く家事室のカウンターはテレワークの場としても活躍しそう。寝室の奥の書斎はおこもり感があり、誰にも邪魔されずに仕事に集中できます。 ※「蔵」は居室としての使用はできません。

2022.01.20
#建築実例
都心でプライバシーを守りながら開放的に暮らす 光に包まれ青空を眺めて憩う2階リビングの家

[東京都 Nさま邸] 住宅街の角地で存在感を放つ、風格ある佇まいのNさま邸。2階に広がる天井高3mのLDKは、プライバシーを守りながらも、光や風、景色までも上手に取り入れられていて、都心とは思えないのどかでゆったりとした時間が流れています。 大きな窓でリビングとつながるバルコニーはアウトドアの憩いの場。「高い壁で囲われているので、外からの視線を気にせずに過ごせるのがいいですね。隣接する神社の緑や青空を眺めてくつろいでいると気持ちが良くて。気候の良い時期には、ここで自然を感じながら食事を楽しんでいます」と笑顔のNさま。 リビングと対面するキッチンは、奥さまのお気に入りのアクセントタイルや観葉植物のハンギングでカフェ風のスタイルに演出されています。キッチンに立つとバルコニーまで見渡せて、開放的な気分になれるそう。ダイニングの壁側に設けたPCカウンターは奥さまのワークスペース。「キッチンと近いので使い勝手が良く、テレワークでも活躍しています」とのこと。一方、音楽好きのNさまは1階に書斎をつくり、大量のCDやレコードを置いて趣味の時間を満喫されています。家事のしやすさにも配慮。洗面室の続きに室内干しができるランドリールームを設け、アイロン掛けから収納までここで完結できるようにしました。また、愛犬のシャンプーや散歩帰りの足が洗えるよう、玄関ホールの裏側に洗面台とシャワーブースを設置。「帰宅後、すぐに手洗いができるので家族も重宝しています」とNさま。コロナ禍でもストレスのない暮らしに大満足されています。

2021.11.30
#建築実例
「暮らす」と「働く」を好みのインテリア空間で 快適に両立させたブルックリンスタイルの家

[神奈川県 Oさま邸] 黒を基調にした外壁でシンプルにデザインしたスクエアな外観が、お洒落な倉庫を彷彿とさせるOさまのお住まい。 大空間のLDKは天井高が3・5mもあり、開放感いっぱい。さらに玄関ホールとガラス扉で間仕切りして視線を通し、いっそうの広がりを生み出しています。大収納空間「蔵」の上に設けた奥さまの仕事場がリビングとオープンにつながる間取りもご夫妻のお気に入りです。アンティークレンガ調のタイル壁やヴィンテージ感のあるオーク材のフローリングが、SOHOを思わせる立体的な空間の雰囲気と相まって、ブルックリンスタイルの趣を漂わせています。 「スキップフロアの仕事場は最高のリモートワーク環境です。子どもがリビングで遊んでいるのを見守りながらも、落ち着いて仕事に集中できますし、すぐに下りてキッチンで食事の支度ができるのも便利。デスク前の窓から柿の木が見えて、四季の風情が感じられるのもいいですね」と奥さま。生活用品やかさばる家財はもちろん、散らかりがちなお子さまの玩具も「蔵」にサッと片付けられるから、「すっきりと暮らせて、ふいの来客時も慌てることがありません」とお喜びです。ダイニングの東側に配したピクチャーウインドウの高さと位置も絶妙です。外からの視線を遮りつつ、樹木の景観を採り入れています。「朝日が木漏れ日になって差し込み、木の葉のシルエットが美しく壁に映り込みます」とOさま。「暮らす」と「働く」をこだわりのインテリア空間で快適に両立させたお住まいに大満足されています。

2021.10.29
#建築実例
3mの高天井を叶えたピットインリビング "邸宅"と呼ぶにふさわしい3階建の住まい

[東京都 成増展示場] 水平ラインをアクセントとしたモダンな外観デザインが目を引く成増展示場。大空間のLDKで目を見張るのが、ダイナミックな吹き抜けのダイニングです。見上げるとバルコニーに面した窓から空が広がり、思わず深呼吸したくなる開放感です。 続きのリビングは床を堀り下げたピットインフロアと折り上げ天井で3mの高さを出し、ゆとりを感じる憩いの場に。ピットインフロアにはカーペットを敷いて、別空間のような落ち着きを出しています。リビング南側の窓の外にはワイドなピロティがあり、地域交流を楽しむ場としても活躍しそう。北側に目を向けると、大開口サッシの外に雑木林のような庭が広がり、都市の暮らしながら別荘のような雰囲気が味わえます。吹き抜けから光と風を招く微気候デザインも採用。リビングのソファに座ると心地よい風を感じ、樹木の緑に心が癒やされます。 半階上がるごとに風景が変わり、寝室や書斎が現れる変化に富んだ空間構成もこの住まいの魅力です。2階はダイニングの吹き抜けを囲む開放的な設計が印象的で、上質感が漂う主寝室は、まるでラグジュアリーホテルのよう。壁を隔てた吹き抜け側にバーカウンターを備えたラウンジが設けられ、就寝前のひととき、階下を眺めながら優雅にドリンクタイムが楽しめます。さらに非常用備品もストックできる大収納空間「蔵」や、大型のファミリークロゼット脇に設けた家事スペースなど見どころ満載。内部に広がりを創り出す工夫で、住宅が密集した都市でも明るく開放的に暮らせる提案をしています。

2021.09.30
#建築実例
住宅街で視線を気にせず開放的に暮らす 東西南北から光が入る2階リビングの住まい

[埼玉県 Sさま邸] 江戸情趣あふれる城下町に白タイル張りのモダンなお住まいを建てられたSさま。 2階に広がる高天井のLDKは、住宅密集地でありながら光に満ちた暮らしができる配慮が施されています。隣家が迫る南側はアクセント壁で閉じて外からの視線を遮り、高天井近くに配した窓から採光。一方、北側の階段に面した壁はガラス張りにしてリビングに広がりを出すとともに、階段の窓からも穏やかな光を取り込んでいます。ダークな板張り天井やタイル張りの柱壁、黒のキッチンなどで構成した重厚感のある内装ながら、明るく開放的な印象で重さを感じないのはこうした工夫があるからでしょう。「階段の照明は、玄関ホールに誰かが入ると人感センサーで点灯するので、2階リビングにいても子どもが帰宅したのがわかり、『お帰り!』と声をかけられます」とSさま。 また、室内干しができる広い洗面所も2階東側に配置し、外干し用のバルコニーや収納を設けて、「洗う・干す・畳む・しまう」をスムーズに。上下階の移動なく、2階で生活が完結できるのも便利です。西側のガレージの上に設けたもうひとつの広いバルコニーは、LDKの延長として使える憩いの場。週末はテーブルを出して家族でバーベキューを楽しまれているそう。「夏はここでビールを飲んだり、プールを出して子どもに水遊びをさせています。屋根があるので、直射日光が当たらず快適ですね。コロナ禍で自粛生活をしていても、家の中に遊び場があるからストレスが溜まりません」とSさま。その笑顔が満足感を物語っていました。

2021.09.03
#建築実例
12