写真:見出し 写真:見出し

やわらかな灯りでホテルのような寛ぎの空間を
ホテルや雰囲気のあるレストランやバーで、落ち着いた非日常の印象を受けるのは、フロアスタンドやブラケットなどの補助照明による灯りで明るさを抑え、空間を演出しているからです。明るさを抑えることは、陰影を深め、部屋全体に奥行きを出す効果もあります。補助照明のテクニックをマスターし、家庭でもホテルのような寛ぎの空間を作り出してみましょう。

いくつかの照明を組み合わせる

いくつかの照明を組み合わせる

照明を上手に使うことで、同じ部屋でありながら、さまざまな表情を演出することができます。そのポイントは、一部屋に一つのあかりではなく、シーリングライトなどを主照明に、ダウンライトやペンダントライト、ブラケット、スタンドなど複数の照明を補助照明として組み合わせることです。
例えば、リビング・ダイニングは、家族が寛いだり食事をしたり、ときにお客様を招くこともある多目的空間です。食事のときは主照明で全体を明るくし、寛ぐときは主照明を消して、フロアスタンドで天井や壁を照らしてみたり、ダウンライトやブラケットのみというように、ライフシーンに合わせ、複数の照明を自由に組み合わせることで、同じ部屋でもさまざまな雰囲気を楽しむことができます。

大人の雰囲気を演出するあかり

大人の雰囲気を演出するあかり

リラックスしたいときや大人の雰囲気を楽しみたいときにおすすめなのが、床面使いのテクニックです。スタンドのあかりを床に照らしたり、低いフロアスタンドを床に置いて床からの照明だけにしてみましょう。いつもと違う光の広がりが大人の時間を演出します。また、室内にグリーンがある場合は、床からグリーンにライトを当てると壁に陰ができ、幻想的な雰囲気になります。

アートを感じるあかり

アートを感じるあかり

壁に飾られた絵画や写真をスポットライトで照らすことで、ギャラリーのようなライティングも楽しめます。小物やディスプレイ品にスポットを当ててみるのもよいでしょう。どの角度にも自由に光を当てられる照明器具を選ぶと便利です。

ホームシアターを楽しむあかり

ホームシアターを楽しむあかり

テレビを見るときの室内のあかりも工夫してみましょう。映画を楽しむときなどは、部屋の明かりを暗くして映画館さながらの環境で鑑賞される方も多いかと思います。ただ、暗い中で長時間画面を見ていると、画面との明るさの差がありすぎて目が疲れてしまうことも。快適に鑑賞するには、テレビの両側から壁に向けて照らしてみることをおすすめします。やわらかな光が輝度の強い画面の光を和らげてくれます。

ベッドサイドを照らすやわらかなあかり

ベッドサイドを照らすやわらかなあかり

ホテルの照明使いで最も参考にしたいのは、ベッドサイドの照明でしょう。光源が直接目に入らないためにはシェード型のスタンドまたはブラケットが適しています。光を拡散し、部屋全般を包む柔らかな光が安眠を誘います。

ローディング
閉じる
クリップリスト