写真:見出し 写真:見出し

断熱性能を高めることで、一年を通して快適な暮らしに
冬場、暖房をつけているのに寒く感じることはありませんか?閉め切っているつもりでも、住まいの熱は、天井や床、窓を通して常に出入りしています。なかなかお部屋が暖まらないのは、外から冷気が入ってくるだけでなく、せっかく暖めたお部屋の熱が外へと流出しているからです。これでは窓を開けながら暖房をつけているようなもので、エネルギーも光熱費ももったいないですね。

効率的なエネルギーの使い方

そこで注目したいのが住まいの断熱性です。冬は寒くて、夏は猛暑となる日本において、一年を通して快適に暮らすには、断熱性・気密性に優れた住まいが求められます。断熱性能の高い高断熱の家とは家そのものの熱を守る力が高いことを言い、気密性の高い高気密な家とは家全体のすき間が少なく、空気が漏れにくいということを言います。つまり、住まいの断熱性・気密性が高くなることで、室内の熱が外へ流出しにくく、屋外の熱が室内に入りにくくなり、冬は暖かく、夏は涼しい快適な暮らしに近付けることができるというわけです。冷房や暖房の効きもも格段にアップするので、節電効果も実感していただけるのではないでしょうか。

効率的なエネルギーの使い方

冷暖房の効率化により光熱費を大幅に節約

家庭での消費電力の割合は、冬も夏もエアコンが1位を占め、エアコンを冷房だけでなく暖房として使用するご家庭が増えているようです。また、冬場は石油ストーブやファンヒーターを利用するご家庭も多いですが、灯油は比較的、手ごろなイメージがあるものの、ガソリンの価格高騰とともに灯油価格も高くなってきています。今後も灯油価格の上昇が続けば、暖房費が家計を圧迫することにもなりそうです。冬場にも節電を心がけつつ、光熱費を抑えることは家計の大きな課題になりそうです。

そんな冬の光熱費を削減する際のポイントは、外から冷たい空気を室内に入れないこと。そして、住まいを温かく保つことです。高断熱で、熱の流出と侵入を防ぐので冷暖房効率が大幅に向上し、わずかなエネルギーで冬暖かく、夏は涼しい暮らしを実現することができます。そんな暮らしを快適にする仕組みをもつ高断熱住宅をうまく活用することで、地球温暖化の原因となるCO2の排出量を大幅にカットすることもできます。地球にとっても優しい住宅と言えるでしょう。

断熱性を高めてヒートショックの予防

暖房で暖められたリビングから出たとたん、まるで外に出たかのように寒い!と感じたこと、ありませんか?こうした環境下では、急激な温度変化によって体の血圧が急変し(ヒートショック現象)、脳出血や脳梗塞、心臓マヒなどを引き起こす恐れがあります。断熱性能を高めることは、リビングから廊下、トイレ、浴室まで、家全体を暖かく保つことができ、家の中での急激な温度差を抑えることができます。住まいの断熱性能を高めることは、省エネ効果、快適性の向上のみならず、高齢者や小さなお子様など家族の健康面も守ってくれるのです。

断熱性を高めてヒートショックの予防

ローディング
閉じる
クリップリスト