PARCO CASA A〜F棟

相続対策として区画を
分割したメゾネット6棟の
「街並み」が完成。

■構造 / 木質パネル接着工法

■建設地 / 東京都足立区

■敷地面積 / 1,291㎡ 延床面積 / 778㎡

■活用方法 / 銭湯を廃業した後の想像対策と土地活用

長年銭湯を経営されてきたオーナー様。3人のご子息に対する相続対策として廃業後の活用方法に悩まれていました。数社競合でのご提案となる中、ミサワホームは相続のしやすさを見据えた土地分割案を検討。駅から20分の立地条件も考慮し、安定した経営のため、子育て家族をターゲットに収益性の高い2階建メゾネットタイプ2LDK住宅(6棟12世帯)をご提案し、お選びいただきました。

全棟タイル仕様で間取りやアクセントカラーを変え、デザイン性の高いサッシや、床材には無垢フローリングを採用。また敷地内には近隣住民も利用出来るポケットパークなどの共有スペースを設け、子どもたちや家族同士のコミュニケーションを大切にできる仕様に。銭湯が地域の憩いの場となっていたことを引き継ぐことで、地域とのつながりを重視した6棟の「街並み」が完成しました。

オーナー様の悩み

  1. 3人の息子に対する平等な相続対策を希望していた。
  2. 銭湯を廃業した後の活用方法、ならびに収益性を検討。
  3. 駅から徒歩20分という立地条件から、近隣の賃貸住宅との差別化を望んでいた。
  4. 地域とのつながりを大切にしたかった。

コンサルティングのポイント

390坪の広大な敷地を整形地と袋地に区画することで、6棟の建設を可能にしました。

解決のプロセス

銭湯廃業後の
活用方法を模索
相続を見据えた
土地分割案を検討
駅から遠い
立地条件を考慮
修正性を高めるべく
12世帯の
メゾネットを提案
エクステリアや間取りで
周辺物件と差別化
メゾネット2LDK住宅の
「街並み」が完成

解決の視点

それぞれ十分な敷地を確保できるよう、あらかじめ区画を分割しました。

戸建感覚のメゾネットタイプ、6棟12世帯の賃貸住宅としたことで、近隣にはない個性的な「街並み」を完成させました。

敷地内にコミュニティスペースを設けることで、入居者同士や地域とのつながりを大切にできる仕様を実現しました。

PARCO CASA A〜F棟①

道路側にはデザイン性の高いコーナーサッシを
採用。

PARCO CASA A〜F棟②

地域の憩いの場となっているポケットパーク。

PARCO CASA A〜F棟③

経年変化を楽しめる無垢のフローリング。

その他のコンサルティング実例CONSULTING EXAMPLES

トピックスTOPICS