• TOPへ
  • エネルギーデザイン
  • 屋内空気環境
  • 遮音性
  • バリアフリー
  • 空間設計力
  • M-Wood/M-Wood2
  • セキュリティ

AMENITY

屋内空気環境

ミサワホームはトータルな空気環境ソリューションで、
365日24時間、快適で健康的な暮らしをサポートします。

ミサワホームはトータルな空気環境ソリューションで、365日24時間、快適で健康的な暮らしをサポートします。

屋内空気環境 - ミサワホームはトータルな空気環境ソリューションで、365日24時間、快適で健康的な暮らしをサポートします
屋内空気環境 - ミサワホームはトータルな空気環境ソリューションで、365日24時間、快適で健康的な暮らしをサポートします

全館空調システム

家全体をまるで一つの部屋のように一定の温度に保つ、全館空調をご用意。居室間の温度差、上下の温度差を緩和して、快適です。

吹き抜けやリビング階段などタテにつながる空間設計は、ご家族のふれ合いを深めますが、ルームエアコンでは快適な冷気や暖気が居室から逃げてしまうため冷暖房ロスが気になります。ルームエアコンは居室以外の廊下には設置しないため、温度差によるヒートショックや体調不良も心配です。ミサワホームでは、家全体をトータルに空調し、居室と廊下間の温度差・上下階の温度差をともに解消する全館空調システムをご用意しています。家の中がまるで一つの部屋のように、どこでも快適な温度になります。また、居室ごとにエアコンを設置すると、室内機の存在が気になりますが、全館空調システムなら室内機がすっきりと納まり、屋内に見えるのは吹出口とガラリのみです。室外機も少なくできるため、建物の外観も損ないません。フィルターは機械室内の1箇所のみなので清掃を容易に行えます。

全館空調システムのエアフローイメージ
全館空調システムのエアフローイメージ

熱交換型24時間フロアセントラル換気システム

エネルギーロスを抑えながら換気する熱交換型換気システムを標準装備。「外気フィルター」で屋外の空気に含まれる物質の侵入を抑えます。

標準装備の「熱交換型24時間フロアセントラル換気システム」は、高気密設計をいかして住まい全体を効率的に換気。屋内の汚れた空気を排出し、屋外の新鮮な空気を採り入れます。その際、給気と排気の間で熱交換を行い、換気による冷暖房エネルギーロスを最小限に抑えると同時に、屋外の空気を室温に近づけて給気します。また本体には、外気に含まれる物質の侵入を抑える「外気フィルター」を搭載しています。花粉などの比較的大きな物質を捕集対象とした「標準外気フィルター」に加え、PM2.5などの小さな物質を対象とした「高捕集外気フィルター」もご用意。さらに、適材適所の局所換気を実現する換気計画もご提案しています。
全熱交換器の仕組み(概念図・冬季)
フロアセントラル排気システムの概念図
フロアセントラル排気システムの概念図

天井埋込型プラズマクラスターイオン発生機

さまざまな効果を実証している「プラズマクラスター技術」採用の
イオン発生機をご用意。いつもキレイで安心な空気環境を実現します。

空気中に浮遊するカビ菌やダニのフン・死がいの浮遊アレル物質、衣類やカーテンに付着したタバコ・汗のニオイ。それら空気環境を悪化させる原因を、自然界に存在するのと同じイオンをプラズマ放電により作り出して放出することで分解・除去したり、浮遊ウイルス※1の作用を抑えるのが「プラズマクラスター」技術です。ミサワホームでは、天井から居室に清潔で快適な空気を届ける、天井埋込型プラズマクラスターイオン発生機をご用意。天井から高効率に気流を制御でき、省スペースでインテリア性にもすぐれています。

天井埋込型プラズマクラスターイオン発生機

* 当技術マークの数字は、この商品を天井中央に配置して、風量「強」運転時に、適用床面積の部屋の中央付近(天井より1m)の地点で測定した空中に吹き出される1cm³当りのイオン個数の目安です。
* プラズマクラスターロゴおよびプラズマクラスター、Plasmaclusterはシャープ株式会社の登録商標です。

「プラズマクラスター」による除菌メカニズム(イメージ図)
「プラズマクラスター」による除菌メカニズム(イメージ図)

プラズマクラスター技術には、浮遊ウイルスや、ダニのフン・死がいのアレル物質などの作用を抑える効果はありますが、これにより無菌状態が作られるものではなく、感染予防を保証するものではありません。

「プラズマクラスター」技術で実証している主な効果※3

ダニのフン・死がいの浮遊アレル物質の増加を抑える

ダニのフン・死がいの浮遊アレル物質のタンパク質を切断して、
作用を逓減。高濃度化により、作用の低減効果が更に高まります。

試験期間:広島大学大学院先端物質科学研究科 試験方法:掃除をしない実際の居住空間(約8畳)での浮遊ダニのアレル物質の作用をELISA法で測定。その増加率を算出。シャープ(株)にて換算し、平均値と残存率を算出。(プラズマクラスターイオン濃度:3,000個/c㎡) 試験結果:4週間後にダニのアレル物質の増加を抑制することを確認。

浮遊カビ菌を除菌

高濃度化により、浮遊カビ菌を分解・除去し、
菌の作用を抑制します。

試験期間:(財)石川県予防医学協会 試験方法:8畳相当実験室にプラズマクラスターイオンを放出し、浮遊カビ菌をエアーサンプラーにて測定。(プラズマクラスターイオン濃度:3,000個/c㎡) 試験結果:約195分で除去率99%。

浮遊菌の作用を抑える約40㎡(約10畳相当)の密閉した試験空間での約38分後の効果であり、実使用空間での実証効果ではありません。

浮遊菌表面の細胞膜のタンパク質を除去して、
約38分で作用を抑えます。

試験期間:米国ハーバード大学公衆衛生大学院名誉教授メルビン・ファースト博士 試験方法:約40㎡(約10畳相当)の試験空間に、ある1種の菌を浮遊させ、プラズマクラスターイオンを放出し、その後、試験空間内の菌を回収し、空気中の菌除去率を測定。(プラズマクラスターイオン濃度:4,700個/c㎡)試験結果:約38分で99%抑制。

付着臭を分解・除去

約60分で部屋に染み付いたタバコのニオイ成分を分解・除去し、
脱臭します。さらにペットのニオイや部屋干しのニオイまで脱臭します。

試験期間:シャープ(株)調べ 試験方法:約41㎡(約10畳相当)の試験空間にて、タバコのニオイ成分を染み込ませた布片にプラズマクラスターイオンを照射し、脱臭効果を6段階臭気強度表示法にて評価。 試験結果:プラズマクラスターイオン濃度:25,000個/c㎡の場合、約55分(プラズマクラスターイオン濃度:7,000個/c㎡の場合、約80分)で気にならないレベルまで脱臭。※ニオイの種類・強さ・対象物の素材などによって、ニオイ除去効果は異なります。

この商品は、安定して高濃度プラズマクラスターイオンを放出するために定期的にプラズマクラスターイオン発生ユニットの交換が必要です。 ※総運転時間約17,500時間(1日24時間連続して運転した場合、約2年)です。約19,000時間(約2年2カ月)経過すると運転が停止します。

低VOC建材(壁・天井)

ミサワホームは業界最高レベルのシックハウス対策で、化学物質※4 の室内濃度について国が定める指針値の1/3以下を実証しました。※5

頭痛や目の痛み、アレルギー性のぜん息や鼻炎、皮膚炎などの体調不良を訴える「シックハウス症候群」。これは建材などに含まれるホルムアルデヒドやVOC(揮発性有機化合物)が主な原因物質とされています。健康被害が相次ぎ、2003年の建築基準法改正時に発散量の種別や使用部位などが厳しく制限されました。ミサワホームでは、この法改正の前からいち早くシックハウス対策に取り組み、床・壁・天井の仕上げ材にはJIS・JAS規格のホルムアルデヒド発散量基準でもっとも安全性が高い等級のF☆☆☆☆(フォースター)相当の建材を使用。要求レベルがF☆☆☆である天井裏についても、最高等級のF☆☆☆☆の建材を使用しています。独自開発の内装仕上げ材「M-Wood」もノンホルムアルデヒド。オリジナル家具にもF☆☆☆☆の建材のみを使用しています。また、接着剤には「厚生労働省指針物質」であるトルエン、キシレンなどを材料として含まないものを使用し、接着強度と安全性を両立。さらに、化学物質を吸収・分解する「高機能石膏ボード」をご用意しています。これらの多彩なシックハウス対策を組み合わせることで、5種類の化学物質※4について業界最高水準となる厚生労働省指針値1/3以下を実証しました。※5

  • ミサワホームで使用する部材はF☆☆☆☆、F☆☆☆☆相当が標準ミサワホームで使用する部材はF☆☆☆☆、F☆☆☆☆相当が標準です
  • ホルムアルデヒド発散等級による内装材仕上げの制限について規制対象建材/木質建材(合板、木質フローリング、パーティクルボード、MDFなど)・壁紙・ホルムアルデヒドを含む断熱材・接着剤・塗料・仕上げ塗材など※原則としてJIS、JASまたは国土交通大臣認定による等級付けが必要です。
  • その他の自社対策※一般の家具のなかには、使用する材料に化学物質の放散量が多い(F☆☆☆☆ではない)ものが含まれることがあり、使用時は換気を頻繁に行うなど、室内環境にも配慮が必要となります。
  • ミサワホームのホルムアルデヒド対策(木質系住宅)※一般の家具のなかには、使用する材料に化学物質の放散量が多い(F☆☆☆☆ではない)ものが含まれることがあり、使用時は換気を頻繁に行うなど、室内環境にも配慮が必要となります。

高機能石膏ボード

ミサワホームでは、シックハウス症候群の主な原因物質とされるホルムアルデヒドやアセトアルデヒドを吸収し、無害な物質に分解する健康志向の内装材「高機能石膏ボード」(ハイクリンボードAce)をご用意。化学物質の放散量が増加する夏場の高温時や新築時にも短時間で効果を発揮します。また、通気性のあるクロスや仕上げ材を組み合わせることで、室内空気中の化学物質をより効果的に吸収・分解。居住後家具などから放散される化学物質にも有効です。クリーンで健康・快適な室内環境の実現をめざします。

高機能石膏ボード

施工例

室内に面する壁・天井に施工することで高い吸収・分解効果を発揮

ワード

*「エアテリア」はアレルギー症状を抑制したり、治療したりするものではありません。

* トイレ・浴室の冷暖房は行いません。

※1 浮遊ウイルス[約25㎥(約6畳相当)の密閉した試験空間での約66分後の効果であり、実使用空間での実証結果ではありません。]●試験機関:ベトナム ホーチミン市 パスツール研究所●試験方法:約25㎥(約6畳相当)の試験空間内にウイルスを浮遊させ、プラズマクラスターイオンを放出。その後、試験空間内のウイルスを回収し、空気中のウイルス除去率を測定。(プラズマクラスターイオン濃度:25,000個/㎤)●対象:浮遊した1種類のウイルス。■試験結果:約66分で99%抑制。

※2 水分子に取り囲まれていないイオンと比較、シャープ株式会社調べ。

※3 ●約6~10畳相当の試験空間におけるプラズマクラスターイオン発生機を用いた実証結果です。イオン濃度が同等であれば同様の効果が得られると考えられます。●プラズマクラスターの効果は、使用場所の状況(温度・湿度、広さ、形状、エアコン・換気などの使用の有無、商品の設置場所など)や商品特性、使いかた(イオンの吹き出し方向・運転モード・運転時間など)、個人によって異なります。

※4 ホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、スチレン、エチルベンゼンの5物質。

※5 平成28年度、実物件における測定結果による。条件により異なるため、保証値ではありません。

ホルムアルデヒド

刺激臭のある気体。37%の水溶液はホルマリンと呼ばれ、合板などの接着剤や防腐剤などに使用されてきた物質。

VOC

揮発性有機化合物のこと。室内環境の汚染物質の重要な因子のひとつとして考えられる。

トルエン、キシレン

石油からから分離生成される。シンナーや接着剤、塗料などに多く含まれる代表的な有機溶剤。

クリップリスト

あなたのお気に入りの「商品」「実例」「コンテンツ」を保存・編集できます。