構造・工法:
木質系パネル
用途:
住宅

コンセプト

一旦わすれる絶景

建築概要

アプローチは「森の中を歩いていくと徐々に姿が見えてくる」というストーリーが展開される配置を計画.エントランスは大きな2枚の板の間を通る事で一旦視界から全ての景色を排除、玄関・風除室を通るとそこから飛び込んでくる景色を一層のものにさせた.ホールに上がれば裸足で歩くと木目が感じられる程の、なぐり調フローリングを採用、五感に訴える効果を加えた.景色の床への映り込みが、ファジーになる味わいも考慮している.ファサードはシンメトリーとし、2枚の大きな板が切妻を切り開いて進んでいくという造形とした.

よく一緒に見られているミサワデザイナーズの建築実例

クリップリスト

あなたのお気に入りの「商品」「実例」 「コンテンツ」を保存・編集できます。