写真:見出し 写真:見出し

住まいの温度差を少なくする、窓断熱の必要性
寒さがぐっと深まるこの季節、暖房の効きが悪いと感じることはないでしょうか? 暖房をしてもなかなか部屋が暖まらないのは、暖めた空気が外へと逃げていってしまうからです。その中でも冬場の熱流出の割合は、窓、換気扇、屋根、壁面、床の順に高いとされ、窓断熱の重要性がわかります。断熱性能が低い状態でいくら暖房をしてもなかなか暖まらず、暖房をすればするほど室内の上下温度差が大きくなってしまうため、光熱費がかさみ、エネルギーの無駄使いになってしまいます。こうした理由から、住まいのエコを考えるにあたり、窓からの熱の出入りを防ぎ、住まいの温度差を少なくする断熱対策が不可欠なのです。

熱の流出を防いで冷暖房効率をアップ

壁を断熱材で覆っても窓が一枚ガラスの場合には、冬に開口部から暖房した熱の逃げる割合は、家全体の48%、夏に熱が入り込む割合は71%と言われています。これでは窓を開けて冷暖房をしているようなもので、冬の暖房、夏のエアコンの効きが悪いだけでなく、光熱費にも大きく影響し、とても非効率です。窓の断熱性能を高め、冷暖房時における窓からの熱の出入りを防ぐことで、驚くほど冷暖房効率がアップします。

熱の流出を防いで冷暖房効率をアップ

データ・画像出典元 AGC旭硝子

環境への負担を軽減

冷暖房効率が上がると、冷暖房費の節約はもちろんエネルギーの節約にもなり、冷暖房によって発生するCO2の排出を抑えます。

ローディング
閉じる
クリップリスト